ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上野動物園に出かけよう!動物に癒されるリラックスタイムを

Photo credit: pelican「Ueno zoo, Tokyo, Japan」

Photo credit: pelicanvia flickr cc

こんにちは! Compathy MagazineのMeiです。日本で最も古い老舗の動物園が東京・上野にあるんです。上野動物園にはたっくさんの種類の動物と、五重の塔やモノレールなど動物以外にも楽しめるスポットがあるんです。上野動物園で動物と触れ合ってリラックスした時間を過ごしませんか。デートやおでかけにぴったりの上野動物園をご紹介します。是非、癒しを求めに訪れてみては。

日本で最も古い老舗の動物園! 上野動物園とは?

Photo credit: pelican「Ueno zoo, Tokyo, Japan」

Photo credit: pelican via flickr cc

上野動物園は、日本で最も古い老舗の動物園なんです! 上野動物園の正式名称は「東京都恩賜上野動物園」。上野公園の一角にある上野動物園は1882年(明治15年)に日本で最初の動物園として開園しました。入園者数も日本一を誇る、子供から大人まで幅広い世代に愛されている動物園です。飼育している動物の数は、約400種類にも及び、3,000点の動物という驚きの数。園内は東園と西園にわかれています。東京・上野という立地の良さで、たくさんの動物に出会うことができるんです。

東園と西園の見どころとは

上野動物園は東園と西園の2つのエリアに分かれています。両園間はイソップ橋で連絡されており、歩いてもモノレールでも移動できます。日本一の飼育種数を誇る上野動物園の東園と西園のエリアをそれぞれご紹介します。
 
<東園>
上野動物園の正面口から入ったエリアは東園。ジャイアントパンダやホッキョクグマ、アジアゾウなどが展示されています!

ジャイアントパンダはすぐそこ!

Photo credit: kanegen「Ueno Zoo」

Photo credit: kanegen via flickr cc

みんなのアイドル、ジャイアントパンダは正面口から入った東園にいます。表門から入って右側に、パンダ舎が。オスのリーリー、メスのシンシンが遊んだり、ごろごろしたり、笹を食べたりとかわいい姿が楽しめます。中に人が入っているのかも? と思うほど、人間のようなジャイアントパンダのしぐさはとってもユーモラスでかわいいんです。

上野動物園のゾウはアジアゾウ

Photo credit: kanegen「Ueno Zoo」

Photo credit: kanegen via flickr cc

上野動物園のゾウは、アジアゾウです。1頭あたり4トンほどの重さだそう。時間帯によっては、表に出ていないときもありますが、大きいゾウを見ると上野動物園に来たんだなぁと嬉しくなるスポットなので、是非のぞいてみては。とてもゆっくりした動きで、見ているとのんびりした気持ちになって癒やされます。

イケメンゴリラのお兄さん「ハオコ」も! ゴリラ

 Photo credit: temaki「ゴリラ(Gorilla)」

Photo credit: temaki via flickr cc

世界トップクラスのゴリラの飼育技術を誇る上野動物園。まるでゴリラが暮らす森を覗いているような気分になれます。自動販売機があったり、バナナを食べる姿は人間のよう。ゴリラのしぐさは感慨深いものがあります。上野動物園には、イケメンゴリラとして有名な名古屋の東山動物園のゴリラ「シャバーニ」のお兄さんの「ハオコ」がいるので探してみては!

希少なインドライオン

Photo credit: pelican「Ueno zoo, Tokyo, Japan」

Photo credit: pelican via flickr cc

迫力の百獣の王、ライオン。上野動物園にいる最強のネコ科、ライオンは希少なインドライオンなんです! 初めて上野動物園にライオンがやってきたのは明治35年のこと。2015年現在はインドライオンが4頭飼育されています。

近くで観察することも! ホッキョクグマ

Photo credit: kanegen「Ueno Zoo」

Photo credit: kanegen via flickr cc

北極の氷をイメージした展示の中で、運動場で遊んでいたり、泳いでいたりと、のびのびと動きまわるホッキョクグマの姿はとってもかわいいです。のびのびと泳ぐ姿が見られるホッキョクグマは、上からも、下からも見られるのが嬉しい! 下から見ると、泳いでいるホッキョクグマを近くで観察することができます。
 
<西園>
東園と西園の間はモノレールで行く事もできますが、イソップ橋でつながっていますので歩いて行く事もできます。実はイソップ橋にも動物がかくれんぼしているんです。銅像のうさぎとかめがいるので、是非探してみてください!

動かない鳥 ハシビロコウ

Photo credit: pelican「Ueno zoo, Tokyo, Japan」
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。