ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』、シーズン4のトレーラーがコミコンで初公開

英BBCによる人気ドラマシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の新たなシーズン4のティザーが公開された。映像では、「彼らが知るすべてのことは試される」という警告の言葉が映し出される。

イギリス発のミステリーを愛するファンたちがコミコン(Comic-Con)のパネルに集結し、参加した出演キャストのベネディクト・カンバーバッチ、アマンダ・アントン、共同クリエイターのスティーヴン・モファット、マーク・ゲイティス、プロデューサーのスー・ヴァーチューと共に、シーズン4の初トレーラーを観賞した。公開された映像は、過去のシリーズよりもアクションが多く盛り込まれ、「何かが来る。それはモリアーティかもしれないし、そうではないかもしれない。それでも、何かが来る」という言葉が唱えられた。

カンバーバッチは探偵のシャーロック・ホームズとして、マーティン・フリーマン扮する親友の医師ジョン・ワトソンと共に物語に帰ってくる。前回のシーズンは、アンドリュー・スコット演じるモリアーティが、自分で銃弾を顔に打ち込んだ後に蘇ったことを匂わせていたが、ホームズは、2016年1月1日に放送されたクリスマス特別版『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』で、モリアーティは死んだと判断していた。しかしそれは、犯罪劇の黒幕が脅威にならないことを意味するわけではない。

複雑なのは、アーサー・コナン・ドイルが生んだもう一人の敵として、トビー・ジョーンズが物語に参入することだ。ホームズとワトソンは、トレーラーが示すように彼らにとっても非常に難しいことだが、この2人の悪人と対峙しなければならない。

コミコンのパネルでは、「誰がコミコンでファンと対面するのか」を決めるまでの様子を収録した遊び心ある映像もフィーチャーされた。『SHERLOCK/シャーロック』シーズン4は、2017年に英BBCで放送開始となる。また、そのすぐ後には、米テレビ局PBSでも放送開始となる見込みだ。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。