ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ラーメン”と“チャーハン”のセット「ラーチャン」 昔ながらの味を今に伝えるお店【新潟市】

f:id:bbhotstp:20160723130436j:plain

新潟市では「ラーチャン」と 呼ばれるものが、古くから人々の間で親しまれてきました。

「ラーチャン」を提供する老舗店

数あるお店が提供する中、今回ご紹介するのはこちらのお店です。

f:id:bbhotstp:20160723232533j:plain

▲中華そば 来味 亀田店

こちらは、惜しまれつつも閉店してしまった老舗店「中華そば 来味」の味を受け継ぐお店として2015年にオープンしました。

ちなみに、「中華そば 来味」は、昭和中期より新潟市の中心部「古町」でラーメン、野菜炒め、カツ丼、チャーハン、カレーライスなど様々なメニューを提供する食堂でした。

そして41年前に新潟市内の「馬越」という地に移転し、徐々に、ラーメンとチャーハンのセットを中心メニューとする営業スタイルにシフトしていきました。

当時、メニュー名は「チャーハンセット」として販売をしていましたが、お客さんからは「ラーチャン」の声で注文が上がる事も多かったのだとか。

というように、

「ラーチャン」

とは、“ラーメン”と“チャーハン”のセットの事で、新潟市ではこちらのお店の他にも「ラーチャン」を販売しているお店が数多くあります。

そして現在では、その名をタイトルとして販売しています。

f:id:bbhotstp:20160723130436j:plain

▲「ラーチャン」(850円)

f:id:bbhotstp:20160723130447j:plain

▲単品では、「にぼしラーメン」(600円)として販売

煮干しの味をしっかりと出しつつも、煮干し特有の苦味などはありません。

そして、ラーメンには必需品ともいえる「油」が全く浮いていません。

そうした事もあり、さっぱりとした飲み口ながらも出汁の味を存分に楽しめます。

f:id:bbhotstp:20160723130509j:plain

麺はスープの味に合わせた自家製麺を使用しています。

f:id:bbhotstp:20160723130516j:plain

そして、チャーハン!

パラパラとした食感、しっかりとした味付けが美味しいチャーハンです。

このラーメンとチャーハンを交互に食べるのが「ラーチャン」の醍醐味です。

ラーメン単体では、「もう少しパンチが欲しい」という方もいるかもしれませんが、さっぱりとしたラーメンのスープと味の濃いチャーハンを交互に食べる事で、ちょうど良いバランスの味となります。

そして、セットにする事で、当然ボリュームも出てきます。

美味しく、お腹いっぱいになれるのもうれしい事ですよね。

あっさりとした味を好む人などは、煮干しラーメンのみを食べていくケースもありますが、こちらのお店にきたのであれば、やはり「ラーチャン」を頼みたいところですね。

「ラーチャン」の美味しさの秘密にせまる!

今回はその「ラーチャン」の作り方に密着取材してみました。

f:id:bbhotstp:20160723130521j:plain

▲ご飯をきっちりと計量する店主

パラパラとした食感を出す為に、固めに炊かれたご飯を使用しています。

(今回作るのは2食分のチャーハンです)

f:id:bbhotstp:20160723130527j:plain

玉子を割ります。

f:id:bbhotstp:20160723130537j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy