ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!札幌の人気お土産30選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!札幌の人気お土産30選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました 【1位】マルセイバターサンド

ご当地のオイシイものは、やっぱり地元の人が知っている!

あなたの旅のお土産選びをもっとスムーズにするべく、『じゃらん編集部』が地元民の声を集めた「美味しいお土産ベスト10」を発表☆

ランキングの他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

職場や彼氏やお友達、そして自分へのお土産探しに活用してみて♪

ご紹介する北海道札幌は、一年中観光客が絶えない北の大都市。

北海道旅行の拠点でもあり、乳製品に海の幸、山の幸と美味しいものには事欠かないエリアです。

思わず目移りしちゃう充実のラインナップを、いざチェック!

【1位】マルセイバターサンド

【1位】マルセイバターサンド【1位】マルセイバターサンド

5個入りは650円

ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームを、専用の小麦粉で作ったクッキーでサンド。しっとりとしたクッキーと甘さ控え目でコクのあるクリームが絶妙のバランスで、多くの支持を得た。名前の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、レトロで品のあるパッケージもそのラベルを模している。 価格:1,300円(10個)

販売元:六花亭製菓

【2位】白い恋人(ホワイト)

【2位】白い恋人(ホワイト) 【2位】白い恋人(ホワイト)

きれいな焼き色のついたラングドシャクッキーで、ホワイトチョコをサンドした北海道の定番お菓子。ホワイトチョコはクッキーに合うようにオリジナルでブレンドしたもので、サクサクしたクッキーの後、なめらかなホワイトチョコの味わいが広がる。美味しいのは当然として、「小分けになって日持ちする」「誰もが知っているので喜んでもらえる」と、お土産としての使い勝手の良さにも高い評価が集まった。 価格:1,142円(18枚)

販売元:石屋製菓

【3位】三方六(プレーン)

【2位】三方六(プレーン)

白樺の木肌をミルクチョコレートとホワイトチョコレートで表現したしっとりバウムクーヘン。十勝産100%の小麦粉をはじめ、バター、砂糖、卵もすべて北海道産を使用。「きちんと美味しい」「万人受けする」と誰にでも喜ばれるシンプルな美味しさが道民の支持を受けた。プレーンの他、メープル、期間限定の抹茶も人気。またこの夏限定の「三方六 塩キャラ小割~くるみミックス~」も発売中。 価格:630円(1本)

販売元:柳月

【4位】夕張メロンピュアゼリー プレミアム

【4位】夕張メロンピュアゼリー プレミアム 【4位】夕張メロンピュアゼリー プレミアム

日本有数のブランドフルーツ「夕張メロン」の味わいをとことん追求し、製法と配合にこだわって作った究極のゼリー。食感とあふれるようなジューシーさは、まるで果肉そのものを食べていいるかのよう。コメントも「夕張メロンそのものの味がする」「濃厚な甘さを味わえる」「日本一美味しいゼリー」など、贅沢な味わいに人気が集まった。 価格:1,080円(4個)

販売元:ホリ

【5位】じゃがポックル

【5位】じゃがポックル

品薄で手に入らない時期もあったほどのポテトスナックで、ざくざくとした独特の食感とオホーツクの焼き塩を使った絶妙な塩加減が後を引く。「しっかりとジャガイモの味がする」とのクチコミにもあるように、昼夜の寒暖差が大きく、さわやかな北海道の気候が育んだ道産のジャガイモのみを使用。旨みが出るように皮ごとカットし、独自の製法でフライしている。 価格:885円(18g×10袋)

販売元:カルビー株式会社

【6位】北海道開拓おかき

【6位】 北海道開拓おかき
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。