ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Gear VRを超えた!?視野角FOV120°で3500円のヘッドセット付きVirtoba X5(スマホVRゴーグル)を比較レビュー

6.2インチまで対応と書かれていますが、5.5インチで正常に見ることができないので、5.5インチ以上は、見えない可能性がありそうです。。。。。
Gear VRを超えた!?視野角FOV120°で3500円のヘッドセット付きVirtoba X5(スマホVRゴーグル)を比較レビュー
気を取り直して、。iPhone6(4.7インチ)、Galaxy S6 edge(約5.1インチ)で検証します。
Gear VRを超えた!?視野角FOV120°で3500円のヘッドセット付きVirtoba X5(スマホVRゴーグル)を比較レビュー

Virtoba X5 VS Gear VR

せっかくなのでGearVRと比較します。どちらが勝つのでしょうか。比較のパターンは、1.Gear VR(S6 edge) / 2.Virtoba X5(S6 edge) / 3.Virtoba X5 VS (iPhone6)です。Gear VRを基準として評価します。Gear VRを超えた!?視野角FOV120°で3500円のヘッドセット付きVirtoba X5(スマホVRゴーグル)を比較レビュー

1.Gear VR(S6 edge搭載)

それぞれ悪い←[×△□○◎]→良いで、評価を表します。

・◎ 装着感
装着感は、悪くありません。シンプルですが相当改良したと思われるます。メガネをしても装着できます。いろいろ比較すると良さに気が付きます。

・□ 音
スピーカになっています。スピーカの音自体は悪くありません。より良い音を出すには、イヤフォンやヘッドフォンを一緒に使う必要があります。そのため□にしました。

・○ 画質
Gear VRの解像度は2560×1440ピクセル、Oculus Riftの解像度は2160×1200ピクセルです。Gear VRのほうがSPEC上は画質が良さそうに見えますが、Oculus Riftのほうが画質は良いです。ただ比べれば良いという程度で、そんなに差がありません。十分な画質があります。※Oculus Riftは、最新かつ定番のVR HDMです。普及している製品では、ハイエンドな製品になります。

・□ 処理能力
やはりスマートフォンのため、ハイエンドゲームはできません。360度動画などは十分視聴できます。それでも十分楽しめます。

・◎ヘッドトラッキング(視野の追従)
Gear VR側に加速度センサーなどが搭載されています。そのため違和感がないヘッドトラッキングを実現しています。見た方向に自然な表示で画面が移動します。体感を損ないません。これがHMDにはとても重要なことです。

・○価格
Gear VR:15000円、S6 edge:45000円なので、60000円で体感できます。

Gear VRを超えた!?視野角FOV120°で3500円のヘッドセット付きVirtoba X5(スマホVRゴーグル)を比較レビュー

2.Virtoba X5(S6 edge)

それぞれ悪い←[×△□○◎]→良いで、評価を表します。

・△ 装着感
一見、良さそうですが、Gear VRと比べると残念です。装着感がバランスが悪いというか、洗練されていません。がんばっている感はあるので△です。

・○ 音
ヘッドセット内蔵な点は素晴らしいです。音質は・・・・普通です。□と変わらない○です。

・□ 画質
Gear VRよりちょっと悪いかな?という感じです。結局同じS6 edgeなので、画質はほとんど同じですが、レンズやヘッドトラッキングなど総合的な感覚で、明らかに劣る感じです。

前のページ 1 2 3次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき