ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人4人組だけどロンドン発のバンド「BO NINGEN」

日本人4人組だけどロンドン発のバンド「BO NINGEN」
J-WAVE月曜−木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。7月11日(月)のオンエアにはイギリス・ロンドンで活躍中の日本人バンドBO NINGEN(ボーニンゲン)から、ベースでボーカルのTaigenさんがゲスト出演してくれました!

メンバーは4人で、全員日本人ですが、バンドを組んだのはロンドンというBO NINGEN。一体どんなグループなのでしょうか⁉

*  *  *

サッシャ:なかなかないパターンですよね?

Taigen:そうですね。ただもともと「ロンドンで日本のバンドやるぞ!」とかではなかったので。たまたまロンドンに行って、2〜3年してから一人ずつ会っていった、という感じで結成したんです。メンバーは、群馬県、兵庫県、岐阜県、東京と出身地もばらばらなので、そういう意味ではロンドンじゃなければ逆に出会えなかったという部分はあります。

サッシャ:そもそもTaigenさんはなぜロンドンに行ったんですか?

Taigen:高校を卒業した時に「ちょっと外の世界を見てみるか」と思いまして、音楽にはとりあえず触れてみたかったんですよね。それで英語圏に行きたかったんですけど、どちらかというと暗い音楽が好きだったので、ロンドンにしようかなと。とりあえず行ってみよう、というノリで来ちゃったら、気づいたら11年、12年いたという。

サッシャ:まさかそんなに長くなるとは思ってなかった?

Taigen:思ってなかったです。

サッシャ:バンド組むことになるとも思ってなかった?

Taigen:バンドはやりたかったですけど、まさか日本人とやることになるとは思っていなかったですね。ロンドンにはいろいろな国の方がいるので、めちゃくちゃいろいろな人と組んでやってもみたんですけど、みんなだんだん国に帰っていったり、なんだかんだでメインになったのが日本人だけのバンドだったという感じです。

サッシャ:バンド結成は2009年?

Taigen:2007年、2008年ぐらいにBO NINGENは結成していました。レコード・デビューしたのが2009年ですね。

サッシャ:6月1日には、ミニアルバム「Kizetsu no Uta/Live in Paris」をリリースしたわけですが、BO NINGENの歌って、曲のタイトルが結構過激ですよね?

Taigen:そうですね。あまり過激に作っているつもりはないのですが、僕が普段から歌詞を書き溜めていて。メインになってくるフレーズとかは、僕の脳の中からフワッとわいてきた言葉をつけているだけなのですが…。僕、勘違いされやすいですね(笑)。

サッシャ:でも、日本語にはこだわっていますよね? ロンドンで。

Taigen:どうしても僕の頭からふわっと出てきたものに従っていると、自然と日本語になってくるので。また、自分のアイデンティティでもあるし、日本語が好きですね。英語がちょっとダイレクト過ぎる嫌いがあるので。

サッシャ:言葉が変わると、本当に発声って変わりますよね? 僕も使っている言語によって全然違うんですよ。

Taigen:何カ国語ぐらい話すんですか?

サッシャ:ドイツ語、日本語、英語です。一番高いのが日本語で、次に英語。一番低いのがドイツ語。

Taigen:発声や音程だけじゃなくて、キャラクターとか性格も変わる人って多いですよね?

サッシャ:僕も全然性格違います。日本語を話している時が一番、ストレートじゃないです(笑)。

Taigen:まさにそういうことですよね。歌詞とかでも、回りくどいことを言っているつもりはないんですけど、やっぱり日本語ってそれに適している部分があって、想像力を膨らませるじゃないですか。「月がきれいですね」みたいな事とか。だから逆に、英語のストレートな部分とかも気になるというか、面白いと思っています。

*  *  *

2013年の初出場以来、3年ぶりにこの夏のフジロックフェスティバルにも出演するBO NINGEN。そのパフォーマンスにぜひ注目です♪

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。