ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トラフ建築設計事務所と籐工芸がコラボしたミラー「wawa」

wawa_01

METROCS(メトロクス)から、壁掛けのミラー「wawa」が発売されました。

トラフ建築設計事務所と共同制作したwawa。籐工芸の技術が用いられていて、太い籐をらせん状に巻いた「二重の輪」の形状から名付けられました。

籐のフレーム部分は、1907年に創業した山形県山形市の籐製品加工メーカー・ツルヤ商店によって、ひとつひとつ丁寧に手仕事で製作されています。

しなやかで力強い印象の籐。その特性を生かしたフレームデザインは、どんなインテリアにも合い、アクセントにもなってくれます。フレーム片方の先端のデザインは4種類あるので、お部屋の雰囲気に合わせてお選びください。

wawa_02 左上:ミラー本体は壁から少し離して取り付けられるため、軽やかな印象。

右上:裏面の取り付け金具には切り込みの加工があり、8方向のうち好きな角度で壁に掛けることができます。

左下:無塗装のフレームは、使い込むほどに飴色の艶が増し、独特な風合いに。

右下:フレームの片方の先端には、ツルヤ商店の熟練した職人によって籐による装飾が施されています。

wawa_03 フレーム先端のデザインは4種類。左上から時計回りに、ナチュラル、レッド、マキ、ブラック。

wawa

デザイン:トラフ建築設計事務所

ブランド:メトロクス

サイズ:W275 × D90 × H310mm(1kg)

材質:籐、ミラー、スチール(電着塗装)

価格:ナチュラル1万9440円(税込)、レッド・ブラック・マキ2万1600円(税込)

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

ヴィンテージ市場で人気のスティグ・リンドベリ「ベルサ柄」がついに復刻!
オランダ発moooi(モーイ)の世界4店舗目のオンリーショップが青山にオープン!
武蔵野市民文化会館のベンチやライトを再利用! メモリアルグッズ販売中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。