体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏に行きたい【長野】おすすめ観光スポット48!定番から穴場まで

夏に行きたい【長野】おすすめ観光スポット48!定番から穴場まで 長野

夏休みのお出かけ予定は決まりましたか?

暑さやわらぐ涼感スポットから、のんびり過ごせる観光エリアまで、長野県の人気スポットをご紹介。

迫力たっぷりの国宝松本城、上高地を代表とした高原や渓谷、日本を代表する避暑地・軽井沢…

夏を謳歌できるスポットが見つかるはず。

家族や友達、みんなが胸踊る夏プランを立てちゃおう!

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

記事配信:じゃらんニュース

国宝松本城

国宝松本城

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重天守の中では日本最古の国宝の城です。黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観です。

大天守と、泰平の世になって造られた辰巳附檜・月見檜のまとまりは「複合式天守」と呼び、それぞれの時代を象徴しています。この連結複合式天守は松本城だけに見られる特徴的な構造です。

\口コミ ピックアップ/

国宝の現存天守を全部見れました!

国宝の現存天守5つ(松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城)のうち、唯一見れていませんでしたが、やっと達成できました。

姫路や犬山のように高台に聳えているお城も良いですが、松本城のように低地に建っているのも身近な感じがして良いですね。埋橋越しに眺めるのが一番綺麗かな。 国宝松本城

住所/長野県松本市丸の内4番1号

「国宝松本城」の詳細はこちら

大王わさび農場

大王わさび農場

\口コミ ピックアップ/

わさび好きな人でなくても楽しめました。

日本で一番わさびを生産している場所らしいです。

わさび味のお土産物がたくさん売っています。

ゆっくりお散歩するのも良いかも? 大王わさび農場

住所/長野県安曇野市穂高1692

「大王わさび農場」の詳細はこちら

地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑

世界で唯一の専用の温泉でおサルが入浴を楽しむユーモラスな光景を観察できます。

\口コミ ピックアップ/

界的に有名な温泉に入るおさるさんがいるスポットです。

山の上にあり、交通手段は電車でも車でも結構歩きます。

ここのおさるさんは穏やかで、柵もない空間で時間を共有できるため、

間近でおさるさんを観ることができます。 地獄谷野猿公苑

住所/長野県下高井郡山ノ内町平穏6845

「地獄谷野猿公苑」の詳細はこちら

上高地

上高地

日本有数の高原散策コースで知られる上高地。初夏から秋にかけては多くの観光客で賑わう。亜高山帯に位置するため、様々な高山植物や蝶などを目にすることができる。

最も一般的なコースは大正池と田代池を結ぶ自然研究路で、起点となる河童橋から2時間程度で往復可能。歩き疲れたあとは温泉で体を休めたい。

\口コミ ピックアップ/

標高がかなり高く、周りに建物や道路も少ないので、空気が澄んでいて夏はとても涼しいです。ハイキングがオススメです。

別次元の綺麗な自然に囲まれています。嫌な事を忘れさせてくれます。毎年行きたくなる価値のある場所だと思います。 上高地

住所/長野県南安曇郡安曇村上高地

「上高地」の詳細はこちら

白糸の滝

白糸の滝

高さ3m、幅70mの白糸を無数に垂らしたような滝と周囲の紅葉が素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/

森と水が作り出す神秘の空間で深呼吸をすると気持ちがいいですよ。

軽井沢の奥にある幅70mの、幾筋もの清水が流れ落ちる白糸の滝。

光が降り注ぐ森の中に、落差30mの水のカーテン。マイナスイオンいっぱいですよ!

心も体もリフレッシュ間違いなしです!! 白糸の滝

住所/長野県北佐久郡軽井沢町小瀬

「白糸の滝」の詳細はこちら

昼神温泉郷

昼神温泉郷

良質の湯と自然環境の良さに支えられ年間80万人をこえる観光客が訪れる一大温泉地です。

\口コミ ピックアップ/

昼神温泉の真ん中を流れるキレイな川をぐるっと一周子どもと一緒に歩いて30分程度のコースがあり、途中無料の足湯があったり、朝は朝市でいっぱい試食をさせて頂いたり、楽しかったです。中でも朝市の会場で入った足湯は川と山と景色がとにかく絶景でした! 昼神温泉郷

住所/長野県下伊那郡阿智村智里

「昼神温泉郷」の詳細はこちら

上田城

上田城
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。