ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドン旅行でおすすめの観光スポット12選

ロンドン旅行でおすすめの観光スポット12選

旅先や留学先として人気の高いイギリス。その中でもロンドンは、歴史の深みがありながらモダンで、世界中から人々が集まる国際色豊かな世界都市として知られています。

大都市であるロンドンには、もちろん沢山の観光スポットがあります。今回は、数ある観光地の中でも、特にオススメしたい場所を厳選してご紹介したいと思います!

*編集部追記
2016年7月の記事に新たに5選追記しました。(2017/12/16)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方は[email protected]までご連絡ください。

 

ロンドンに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がロンドンを訪れたのは春頃でしたが、気温はまだ低く、ニットを着ていてちょうどいいと感じたほどでした。全体の感想としては、ロンドンは物価が高く、宿泊費などもそれなりにかかりました。特に私が旅行したのはブレグジット前だったので、イギリスの貨幣価値が今よりも高く、現地に住んでいた日本人の友達も大変そうでした。

 

ロンドンは想像通りの都会で、歴史的な街並みとモダンな文化が上手く融合している印象を受けました。現代美術も盛んで、面白い展示やギャラリーの数も多かったです。カフェやレストランもおしゃれなものが多く、ロンドンは街歩きをするのに最適な場所だなと思いました。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

ロンドンを旅行した際、特に治安が悪いとは感じませんでしたが、ご存知の通りテロなども発生する地域ですので、油断はできません。物価はブレグジット前よりはマシですが、それでもなかなか高いです。

衛生面は心配ありませんが、それでも日本と同レベルの清潔さは期待しないほうが良いです。

 

おすすめのベストスポット

Charlotte, David & Klaraさん(@hamhennes)がシェアした投稿 – 2017 11月 22 10:30午前 PST

私がおすすめするのは、世界を代表する現代美術ミュージアム「テート・モダン」です。ここは火力発電所だった建物を利用した美術館で、20世紀以降の世界中のアーティストたちの作品が鑑賞できます。

現代社会において注目を集める素晴らしいアーティストたちの展示が多数行われており、地下のタンクはそのままパフォーマンスや映像用ギャラリーに使われているそうですよ。
イギリスに関するおすすめの記事はこちらです
❐イギリスの治安は?物価は?ビザは?イギリス旅行の基本情報まとめ
❐イギリスで買うべきおすすめのブランド20選
❐イギリスにあるハリーポッターのロケ地14選!「賢者の石」から「死の秘宝」まで

 

*編集部追記(2017/12/16)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

バッキンガム宮殿

STUFF I LOVE BLOG + SHOPさん(@stuffiloveblog)が投稿した写真 – 2016 5月 29 9:21午前 PDT

ロンドンの観光をするなら、やはり「バッキンガム宮殿」は外せませんよね。イギリスの伝統と歴史が感じられる場所で、世界中から数多くの観光客が訪れます。

バッキンガム宮殿の目玉は、ほぼ毎日行われる衛兵交代式。大人気なので、事前にネットから予約して見に行きましょう。
■詳細情報
・名称:バッキンガム宮殿
・住所:BUCKINGHAM PALACE ROAD, LONDON, SW1A 1AA, U.K.
・アクセス:地下鉄 ヴィクトリア(VICTORIA)駅またはグリーン パーク(GREEN PARK)駅から徒歩7~10分
・公式サイトURL:https://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state-rooms-buckingham-palace/plan-your-visit?language=ja

 

大英博物館

りかさん(@mlle_rika)が投稿した写真 – 2014 8月 14 2:00午後 PDT

入場料無料!観光客に優しい「大英博物館」には、世界中のあらゆる地域と時代を網羅する莫大なコレクションがあります。あまりにも多すぎて、1日で回るのは困難なほど。

あまり時間が無い方は、館内地図を頼りに、まずは目当ての作品を鑑賞するようにしましょう。
■詳細情報
・名称:大英博物館(BRITISH MUSEUM)
・住所:GREAT RUSSELL STREET, LONDON, WC1B 3DG, U.K.
・アクセス:地下鉄 ホルボーン(HOLBORN)駅またはトッテナムコートロード(TOTTENHAM COURT ROAD)駅から0.5KM、徒歩5分
・営業時間:時間10:00~17:30 / 金曜 ~20:30
・定休日:1/1、12/24、12/25、12/26
・電話番号:(020)73238299
・料金:無し ※特別展は有料の場合も
・公式サイトURL:http://www.britishmuseum.org

 

ヴィクトリア&アルバート博物館

@andruoypiznuが投稿した写真 – 2016 6月 10 8:35午前 PDT

芸術とデザイン専門の「ヴィクトリア&アルバート博物館」。現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど、多岐にわたるコレクションが魅力です。

世界最大規模の美術館で、400万点以上ものコレクションがあり、またその質も高いです。
■詳細情報
・名称:ビクトリア & アルバート美術館(VICTORIA & ALBERT MUSEUM)
・住所:CROMWELL ROAD, LONDON, SW7 2RL U.K.
・アクセス:地下鉄 サウス ケンジントン(SOUTH KENSINGTON)駅から徒歩5分
・営業時間:10:00~17:45 閉館は10分前。毎週金曜は22:00迄
・定休日:12/24、12/25、12/26
・電話番号:(020)79422000
・公式サイトURL:http://www.vam.ac.uk/content/articles/v/v-and-a-japanese-language/

 

ロンドン・アイ

@mihoo0503が投稿した写真 – 2015 9月 4 3:47午前 PDT

ロンドンの新名所として人気の観光スポット「ロンドン・アイ」。ヨーロッパ一の大きさを誇る観覧車に乗って、ロンドンの街並みを一望できます。床以外は全てのガラス張りとなっているので、街並みを眺めるだけでなく、ちょっとしたスリルも味わえます。

行列ができるほど人気なので、事前にネット予約するのがオススメです。
■詳細情報
・名称:ロンドン・アイ
・住所:3 MARKET CLOSE, POOLE, DORSET, BH15 1NQ, LONDON U.K.
・アクセス:鉄道/地下鉄 ウォータールー(WATERLOO)駅から徒歩5分
・営業時間:<予約受付>9:00-17:00 (月-金)
<利用時間>10:00-21:00(10-3月は20:00まで、7-8月は21:30まで)
年始、祝日等、時間が異なる場合有
・定休日:不定休
・料金:大人料金:18.90英ポンド
こども料金:11.10英ポンド 4~15歳(4歳未満:無料)
シニア料金:15.00
・公式サイトURL:http://london.navi.com/play/41/

 

テート・モダン

Simplicity Photographyさん(@angiemonson)が投稿した写真 – 2016 5月 28 6:11午前 PDT

「テート・モダン」は、世界的に有名な近現代美術館で、入場料は無料です。巨大な発電所だった建物を改造したという美術館は、中のコレクションだけでなく、外観も興味深いです。

2〜4階部分がギャラリーとなっており、とても広いので、全てを鑑賞するには数時間かかると思っていた方が良いでしょう。
■詳細情報
・名称:テート・モダン
・住所:Bankside, London SE1 9TG
・アクセス:地下鉄サザーク(Southwark・ジュビリー線)駅から、徒歩約15分
・営業時間:10:00–18:00(金、土は22:00まで) 最終入場は閉館45分前
・定休日:12/24-26
・料金:入場無料。特別展は催し物により料金が異なる。
・公式サイトURL:http://www.tate.org.uk/modern/

 

セント・ポール大聖堂

J O N H A R D E Nさん(@jonharden)が投稿した写真 – 2016 5月 30 3:48午後 PDT

1981年、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた場所として知られる「セント・ポール大聖堂」。ルネッサンス調の豪華で荘厳な大聖堂は、訪れる人々を圧倒するような迫力があります。

地下には、ネルソン提督やウェリントン公爵など、偉人たちのお墓があります。
■詳細情報
・名称:セント・ポール大聖堂
・住所:St Paul’s Churchyard London EC4M 8AD
・アクセス:地下鉄セントポール(St. Paul’s・セントラル線)駅下車
・営業時間:(月-土)08:30 – 16:00  <ギャラリー>(月-土)9:30 – 16:15
・定休日:日曜は礼拝のため観光不可
・電話番号:020 7236 4128
・料金:大人15ポンド シニア14ポンド 学生14ポンド 子供(6−16歳)6ポンド
・公式サイトURL:https://www.stpauls.co.uk

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス旅行で買いたいお土産20選
歴史と自然が作り出す「イギリスの世界遺産」全28件をチェック!
バミューダ諸島の基本情報と観光スポットまとめ
変わるイギリス!注目すべきイギリスの留学都市3選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy