ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いい大学、いい会社」時代の終わり―― 釜屋健吾が採用コンサルティングの最前線から見出したもの

「いい大学、いい会社」時代の終わり―― 釜屋健吾が採用コンサルティングの最前線から見出したもの

小さい頃は野球少年、中学時代の挫折や大学時代の海外留学、大学院での研究を通して、一貫して「人の可能性」について考え続けてきた釜屋健吾。現在は採用コンサルティングの最前線で尽力している彼が見出した、人と世の中の在り方とは何なのでしょうか。人生を振り返りながら、その真意に迫ります。

f:id:carraria:20160623112541p:plain

「いい大学、いい会社に行くために、勉強を」

島根の海山川すべてが近くにあるような田舎で生まれて、小さい頃は野球一筋でした。誰にも負けたくなくて、地元の少年野球チームのエースで4番、キャプテンで、寝ても覚めても野球のことばかり考えていました。 

でも、日々世の中から受け取るのは「いい大学に通って、いい会社に入ることがいい人生」というメッセージ。その考えが子どもながら腹落ちせず、自分は縛られたくないと思い、人の2倍、3倍練習して、意地でもプロ野球選手になろうと思っていました。

そんな中、中学2年の頃、腰を痛めて立っていられない程の状態に。野球ができなくなった学校生活には本当に何も残っていないかのように思えました。人生最初の大きな挫折経験でした。 

その後も、なんとか復活してやろうと高校卒業まで野球漬けの毎日を過ごしたのですが、怪我で思うようにプレーできなくなり、「野球がなくなって、自分には何の可能性があるのだろう」と悶々とする日々。大学受験もうまくいかず浪人したのをきっかけに、とにかく環境を変えたくて広島の予備校で寮生活。1年後に立命館大学に入学しました。

大学に入ってからようやく風向きが変わり始めました。「もっと視野を広げて、自分の可能性に挑戦したい」と思い学内のプログラムで2年間、カナダのバンクーバーにあるブリティッシュ・コロンビア大学に交換留学。その時一緒に過ごした仲間が本当に個性的で、上昇志向の強い努力家ばかり。非常にモチベーションの高い環境の中で揉まれる毎日でした。

そんな中、「じゃあ、自分は何をしたいのだろう?」と考えた結果、小さい頃からの問いであった「人の可能性」について突き詰めてやろうと考えました。北米は心理学が世界で最も進んでいるので、そこで研究して「人の可能性を理解し、広げられるような存在になれたら…」と思うように。そのために、カナダの2年間で心理学をとことん学び、卒論まで書き上げようと心に決めました。

カナダ、インド、中国という多様な国籍からなる研究チームに入り、ジェスチャーも交えながら粘り強く自分の意見を伝え、相手の意見に耳を傾けながら研究を進めた結果、2年後の卒業論文は最高ランクの評価を頂くことができました。その後は、特に興味があった社会心理学で有名だった北海道大学大学院に進学。国際学会で発表することを目標に、ひたすら研究を重ねた日々でした。

「仕事を通して、人と企業を変えていこう」という一言が決め手

f:id:carraria:20160623113300j:plain

修士課程で目標であった国際学会での研究発表を終え、その後、博士課程に進んで研究の道に本格的に進むか否かを考えた際に、「もっと、自分が直接介在することで、誰かの可能性を広げられるような存在になりたい」という気持ちが強くなり、その想いが確かなのかを確認するためにも就職活動をしようと決めました。

リクルートキャリアと出会ったのは学内の就職説明会のとき。尊敬する大学院の先輩がいた外資系のコンサルティング会社から既に内定をいただいていたのですが、当時はリーマンショック前の売り手市場。

「東京に来たときは連絡ちょうだい」と気軽に話をしてくれて、結局リクルートの社員を10人ほど紹介してもらいました。しかも、そのうちの1人は、内定先の企業から転職をしてきた人。

社員に話を聞いていく中で、各々自分の大事にする想いをを持った魅力的な人が多く、さらに、当時の社長から「仕事を通して、人と企業を変えていこう」という一言が決め手となり、この会社に入社しました。

3年間で、3度の異動

f:id:carraria:20160623113445j:plain

入社して最初に持った印象は、想像以上に泥臭いこと。野球部時代を思い出すほどの泥臭さ。でも、だからこそマインドは僕にぴったり合っていました。

「アタマじゃない、カラダとココロだ。とにかくお客様から要望を深く聞き出し、手数とスピードで勝負しろ」と先輩に言われ続けて、その通りだと(笑)。

1年目は人材紹介の法人営業。リーマンショック後の景気が最悪の状況で新規開拓をしていて、苦しかったですが、このときの経験が僕の今の礎になっていると思います。

お客様の要望にどのように応えていいかわからず、周囲の先輩に泣きついて「どうしたらいいか全然わからないです」とストレートに聞く中で、お客様との向き合い方を0から丁寧に教えてもらいました。それからも、先輩には走りながらも様々な場面で助けてもらい、本当に救われましたし、何より「絶対に諦めない」という姿勢を学べたことはとても大きかったです。 

2年目は、転職を希望する人に転職支援を行うキャリアアドバイザーの部署へ異動に。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy