ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!群馬県の人気お土産14選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!群馬県の人気お土産14選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました 峠の釜めし

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』では、地元民がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を大調査。

その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

今回は、良質な温泉や四季折々の自然の中でのアクティビティが楽しい群馬県のお土産をご紹介。知名度抜群なあの駅弁や、小麦の生産量を誇る粉食文化県ならではのフードなど、バラエティ豊かなお土産が揃いました!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民オススメ!お土産ランキングはこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民オススメ!お土産ランキング~

【1位】峠の釜めし

峠の釜めし

1958年に誕生した、日本で最も有名な駅弁のひとつ。益子焼の釜の中にコシヒカリの茶飯と鶏肉やごぼう、うずらの卵などがぎっしりと詰まっている。

具はそれぞれ、素材を活かすように異なって味付けされ、香の物が別容器に入るこだわりも。甘と辛、食感が絶妙なバランスで、「いろいろな具が入って楽しい」「冷めても美味しい」などのコメントが集まり堂々の1位。 価格:1,000円

販売元:おぎのや

【2位】焼きまんじゅう

焼きまんじゅう焼きまんじゅう

お土産用箱詰めセット:25ヶ入り1,400円

小麦粉やもち米を混ぜて蒸したまんじゅうに、甘じょっぱい味噌だれを重ね塗りして焼き上げたもの。ふんわりモチモチの食感と香ばしいたれに「群馬といえばこれ」「ソウルフード」など、群馬県民のおやつとして愛され続けているのがわかるクチコミが目立った。

起源は19世紀中ごろの幕末と言われ、老舗専門店の原嶋屋総本家では、古民家風の店内で焼き立てをいただくことができる。 価格:200円(1串4個)

販売元:原嶋屋総本家

【3位】伊香保温泉 湯乃花まんじゅう

伊香保温泉 湯乃花まんじゅう

全国各地の温泉地にある、いわゆる「温泉まんじゅう」の発祥と言われているまんじゅう。黒糖を使った茶色の皮は、微妙な伊香保温泉の湯の色をイメージし、餡は北海道十勝産の小豆を使用。

甘さ控えめ、塩を隠し味に使った上品な味わいのこし餡と厚めの皮が絶妙で、伊香保温泉のお土産として明治時代から変わらぬ味を伝え続けている。 価格:90円(1個)、650円(6個入り)から各種

販売元:勝月堂

【4位】大澤屋の水沢うどん

大澤屋の水沢うどん大澤屋の水沢うどん

常温で90日間日持ちする半生うどんは、お土産の人気商品

「水沢うどん」は水澤観音付近で参拝客に出されたものが発祥と言われ、日本三大うどんのひとつにかぞえられている。強いコシと透明感があり、ツルツルとのど越しが良いのが特徴。

小麦粉、塩、水沢の水のみを材料とし、その他の添加物は一切使用していない、水沢の地で作られたものだけが「水沢うどん」を名乗れる。店舗では打ち立ての本生うどんをいただけるほか、持ち帰り用も各種販売している。 価格:1,296円(つゆあり半生うどん4人前)

販売元:大澤屋

【5位】旅がらす

旅がらす

ミルククリームを鉱泉せんべいでサンドしたお菓子。さくっとした歯触りと甘すぎずコクのあるクリームがマッチし、子どもから大人まで受ける味わいが支持されている。

和風なネーミングだが紅茶やコーヒーとも相性抜群。定番のほか、プレーン、チョコ、レモン、胡麻、抹茶、ブルーベリーの6フレーバーが楽しめる「プレミアムゴールド旅がらす」もある。 価格:669円(8個)

販売元:旅がらす本舗 清月堂

【6位】生クリーム大福

生クリーム大福
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy