ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ダイヤモンドオンライン』に掲載された降旗学さんの「海老蔵の取材自粛要請」に関する記事が波紋を呼ぶ

海老蔵

6月25日、ダイヤモンド社のビジネス情報サイト 『ダイヤモンドオンライン』に
海老蔵の取材自粛要請に週刊誌が応じない理由
http://diamond.jp/articles/-/93630[リンク]
という記事が掲載された。ノンフィクションライターの降旗学さんによるもので、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんが癌で闘病中の妻・小林麻央さんの身を案ずるが故にマスコミへの取材自粛を要請したことに関するコラム。

海老蔵さんの取材自粛のお願いには首を傾げるという降旗さん、

海老蔵氏の気持ちは理解しているが、しかし、そこで“はい”と引き下がったら、雑誌メディアは存在意義を失う。と同時に、海老蔵氏はその自粛要請がご自身とメディアとの決別を意味していることを理解しているだろうか?
 取材を自粛もしくは切り上げる条件として、私たち現場の取材者は海老蔵氏にこんなことを申し出るだろう。であれば、今後はご子息の襲名・ご披露に関する取材および舞台・公演の宣伝を自粛させてもらいます、と。これは海老蔵氏だけでなく、すべての芸能人に言えることなのだ。婚約だ結婚だの慶事のときにはマスコミを呼んで幸せアピールに余念がない一方で別居だ離婚だ不倫だとスキャンダルのときは逃げるのはどうなのかと。
私たちは芸能人や著名人の慶事を報じさせてもらう。おめでたい話は皆で分け合いたいという気持ちがあるからだ。その代わり、祝い事を報じたように、訃報のような不幸をはじめゴシップやスキャンダルも同様に追わせてもらう。それがフェアな報道だからだ。

と語り、その後も「報道」について自身の見解を述べている。

また、記事の最後には、

週刊誌やワイドショーは市川海老蔵さんの取材自粛要請にどう対応すべき?

というアンケートが行われていた。

6月28日の時点で

無条件に自粛すべき 68.99%
お互い話し合い取り決めをすべき 24.31%
一切自粛しなくていい 4.97%
その他 1.73%

という結果となっているようだ。

記事はかなりの反響を呼び、海老蔵さん本人も知るところとなったようで、記事が掲載された25日にブログに
え?なんで2位?!
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12174235710.html[リンク]

というエントリーをアップ。

私的には私の事をとやかく言うのは構わないし取材するのも一向に構わない、
それもブログで書いたけどな
ちゃんと読んでないなってかんじでもある笑
ちゃんと読み直してね笑 書いた方
でもやはり大切なのは
病という事です。
それは多くの方の言葉にもあるように
すこし理解がほしい、
ただそれだけです。

と語っていた。

降旗さんの記事に賛同する意見もあるものの、ネット上ではかなり批判されている模様で、『Amazon』での降旗さんの著書『世界は仕事で満ちている』のページには記事掲載後に
「最低な本です」
「本も作者も資源ごみ」
「さすがマスゴミ様。読むなってことですね」
「人として最低」

といった見出しの低評価のレビューが次々とつけられていた次第である。

※画像は『市川海老蔵ブログ』より引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy