ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木からポテチを彫り出した!? 木彫りスタンドの主「幸せな人」川崎誠二さんの作品が脳に優しい

ClObvo4UgAEsklw

一見何の変哲もないこのポテトチップ。つい手を伸ばしたくなるがこちらの動画を見てください。


なんと木彫りなのです。

ClObvmQUYAEPkDm

このポテトチップスを掘り出されたのは「幸せな人」こと川崎 誠二さん。
実際の製作過程はこのようになっています。

【木彫りのポテトチップスの作り方】
1.木を用意します
2.彫ります
3.細かく彫ります
4.色を塗って完成

ClO2rXZUsAIm91Z ClO2raeVYAAq-5u ClO2rgZUoAE5eep (1) ClO2rlhVYAASVfF

確かにその通りに制作されているのですが、才能を超越してもはやスタンドの域です。

おいしそうな木彫りたち

こちらのオシャンティなクロワッサンも……。

img_0800

木彫りでございます。

CWlXbo6UYAAfKZB

こちらの煮干し、おいしそうですね。

CkB1qFjUYAAHOH6

はい、木彫りでございます。

CkB1qI9UYAA_SlA (1)

この唐辛子にいたっては「手前は本物、奥は木彫り」とのことです。
見分けるためには波紋をコントロールする修行が必要です。

bzlptt3ceae2fkz_orig

きっかけは?

他にも餃子やオクラなど、たくさんの食品を木から彫り出している川崎さん。
製作のきっかけは『姪の夏休みの工作を手伝って、木彫りのトーストを作った』ことだったそう。それがこちらのトーストです。なんとそれまで特に木彫りをしていたわけではなかった、とのこと。トーストとともに才能が目覚めたというわけですね。

BwSh229CYAAZXI-

これまでに製作された野菜やパンがこちらになります。
けして工場や畑ではなく木から彫り出された作品だとは信じられない食品そのものの造形。

Cdga8Z1UAAAhukC CdGgULeUIAEWmxs

特に面白いのは流木からチョコを掘り出したこちらの作品です。
こんな流木が波打ち際にあったら童心に戻って砂がついてるのもかまわず貪りたい。

cxtftt2u0aim8v5_orig CXTFTpKUsAAvn1x CbEIy4FUsAAX9I0

川崎さんは「俺の作ってるもの、ある意味ファンアートなのかもな……私がポテチのファンなのは間違いない」とつぶやかれています。こんなにも器用なファンを得たポテチや食品群はなんと幸せなのでしょうか。もしかしたらフィギュアのような感覚なのかもしれませんね。
遊び心満載でありながら愛があふれる着眼点。木という素材のもたらす有機的な風情には懐かしくも新鮮で不思議な味わいが感じられます。3Dプリンタから人工心臓を作り出す研究がされているデジタルな時代に、ファンだからという理由で手間ひまかけて手で木からポテチを彫り出すって素敵ではないですか。必要なものは道具ではなく遊び心さえあればいいのです。あとは、そう…高度な技術力さえあれば。結論としては素人には無理です。
この「必然」と対極の「酔狂」な心意気を見習いたいものです。

幸せな人:川崎誠二さんの作品集
https://shiawasenahito.wordpress.com/[リンク]
Twitter
作品紹介 https://twitter.com/sawsnht[リンク]
制作風景・日常 https://twitter.com/uko3000[リンク]
Instagram
https://www.instagram.com/sawsnht/[リンク]
Facebook
https://www.facebook.com/shiawasenahito/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 小雨) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。