ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

御伽ねこむも登場! 2016年夏開始予定スマートフォン向けTCG『WAR OF BRAINS』発表会レポ

00000015

その他にも、発表会に登場した御伽ねこむさん、つぶやきシローさん、そして吉田アナもまさかの声優参加しているとのサプライズ。外見とは裏腹に非常に弱いという『ミッドナイト・ジャガー』のボイスが再生され、会場の笑いを誘っていた。

“日本一かわいいコスプレイヤー”御伽ねこむ登場

IMG_7281s

今回の発表会には、超有名コスプレイヤーの御伽(おとぎ)ねこむさんも登場。『WAR OF BRAINS』では複数のキャラクター声優を務めており、会場には作品に登場するナビゲーションキャラクターの衣装を精巧に再現したコスプレ姿で現れ、報道陣の視線を釘付けにしていた。

00000007

「2次元の衣装を超える」を目標に制作にも参加したという衣装は、実に可憐でねこむさんの美しさが際立つものだった。

00000010

今回の衣装にはかなり気合が入っているらしく、設定画では描かれていない様な裏地の生地についても熱心に語っていた。

00000008

もともと地声が低いので高い声を出すと声が裏返る、と語っていた御伽ねこむさん。しかし、会場で再生されたサンプルボイスを聞いてみると全く異なる声色を披露していた。
今後、声優としての御伽ねこむからも目が離せない。

製作陣からも熱烈アピール

00000013

開発担当の石井孝典氏。非常に巧みなトークで『WAR OF BRAINS』の魅力を存分に語っていた。

00000014

長らく実物のカードを扱ってきたタカラトミーだけに、ゲーム内でもブースターパックの光沢感や破いた時の表現も忠実に再現してるという。同社のカードゲームに対するこだわりを感じさせる。

00000016

今回、ゲームデザインを担当したホビージャパンの景山太郎氏と瀧村和幸氏。中でも瀧村氏は某カードゲーム世界チャンピオンという筋金入りの猛者だ。

00000018

最後に御伽ねこむさん対開発担当の石井氏によるエキシビションマッチが実施され、見事御伽ねこむさんが(瀧村氏のサポートを受けつつも)勝利した。

会場の様子

00000020

今回『WAR OF BRAINS』発表会が行われたのはガジェット通信フロア。数多くの人が詰めかけ、満員状態だったが様々な展示やプレイアブルコーナーが設けられていた。
実機でアプリが動いている様子を見ると、グラフィックも非常になめらかでカッコいい、近未来的なUIがグリグリ動く印象的なデザインだった。

00000021

会場入口の階段には同作品の世界観をモチーフにしたポスターが展示してあり、今後タカラトミーが得意とする様々なリアルイベントでも使用されそうな程の完成度。細かいところにも非常に力が入っており、同ゲームの期待度を伺わせる。

00000023

また会場内には巨大な「ゲームチェンジャー」カードが展示。最高レアリティのカードだけあり、どれも禍々しかったり神々しかったりとインパクト大だ。

IMG_9229-s

会場では参加者に非売品“リアル”カードが配られた。本来販売されることが無い実物カードで、数種類ある「ゲームチェンジャー」からランダムで1枚が封入されているようだ。筆者が引き当てたのはゲームチェンジャー『死闘の傍観者』。タカラトミーだけに、クオリティーも文句なしの一級品だ。

■アプリ概要
名称 : WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)
ジャンル : 対戦型カードゲーム
対応機種 : iOS/Andorid
サービス開始 : 2016年夏 予定
価格 : 無料(アイテム課金有り)

■事前登録について
タカラトミーのキャンペーンサイトで事前登録を済ませると、初回ダウンロード時にアイテムを全ユーザーにプレゼントが予定されている。キャンペーン開始は本日2016年6月14日から。

キャンペーンサイト
[リンク]

© TOMY

前のページ 1 2
ゲーム
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき