ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界遺産ウクライナ・リヴィウのおすすめ観光スポット10選!「埋もれた宝石」といわれる街とは

世界遺産ウクライナ・リヴィウのおすすめ観光スポット10選!「埋もれた宝石」といわれる街とは

ウクライナの首都キエフから西へ電車で5時間行くと、西部の街、リヴィウに着きます。

リヴィウの歴史地区は世界遺産に登録されており、珍しい教会もいくつか存在します。

ところで、私は旅行中に、キエフとリヴィウの雰囲気が全く違うことに驚いた日本人に出会いました。

確かにキエフとリヴィウの雰囲気は大きく異なります。なぜ、異なるのでしょうか。その「謎」を解き明かしながら、リヴィウの魅力をお伝えします。

*編集部追記
2016年5月に公開された記事に新たに3ヶ所を追加しました。(2017/10/20)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方は[email protected]までご連絡ください。

 

リヴィウに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がリヴィウを訪れたのは秋頃で、気温はすでに肌寒く、特に夜は厚いジャケットを着ていないと街歩きしたくない程でした。ウクライナの首都であるキエフは大きくて色彩が薄い建物が多く、まさに旧ソ連!といった感じがあるのですが、リヴィウはどちらかというとヨーロッパ寄りで、中世の雰囲気がある美しい建物群が印象的でした。

 

ウクライナは物価が非常に安いですが、リヴィウはキエフよりもさらに安いです。ウクライナでも人気の観光地らしく、キエフの人からもよく「リヴィウに行った?絶対行きなよ!」なんて言われることが多かったです。

最近ではポーランドやドイツなど西ヨーロッパからの観光客も増え、物価がじわじわと上がっているそう!街全体が可愛らしく、おしゃれなカフェやレストランもたくさんあるリヴィウ。ウクライナを訪れたなら、ぜひ一度は足を運ぶべき場所です!

 

おすすめのベストスポット

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、リヴィウの歴史地区の中心となるリノック広場です。観光客だけでなく地元民にも人気の場所で、周辺には素敵なカフェやレストラン、バーなどが数多くあります。待ち合わせをする時も、この広場を指定されることが多いです。

広場全体が美しく、そこを走る路面電車がさらにレトロで可愛い雰囲気を演出しています。おいしいと評判のお菓子店・リヴィウチョコレートもここにあるので、甘いもの好きな方はぜひお試しあれ!
他におすすめの記事はこちらです
ウクライナ・オデッサのおすすめ観光スポット10選
「ウクライナの鉄道」徹底ガイド!切符は確実に窓口で買うのがオススメ

 

*編集部追記(2017/10/20)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

そもそも、リヴィウはどのような街か

日本ではウクライナの街は知られていないので、まずはリヴィウの紹介をしましょう。

ウクライナ語では「リヴィウ」という名前ですが、ロシア語では「リヴォフ」となります。キエフなどでは、ウクライナ語読みの「リヴィウ」よりもロシア語読みの「リヴォフ」のほうが多く聞かれるのではないでしょうか。

14世紀以降、リヴィウはポーランド領の街でした。しかし、ポーランドは3国分割により崩壊。リヴィウを含む一部の西部地域はオーストリア帝国領になったのです。なお、ほとんどのウクライナ地域はロシア帝国に併合されました。

shutterstock_343556765

photo by shutterstock

その後、第一次世界大戦が勃発しオーストリア帝国は崩壊。リヴィウは再びポーランド領になりました。その当時、リヴィウにはウクライナ人だけでなくポーランド人もたくさんいたわけです。1939年、第二次世界大戦の勃発と同時に東からソビエト連邦軍がリヴィウに侵攻。リヴィウは1991年までソビエト連邦領でした。

 

ちなみに、ソビエト連邦軍が侵攻した際に、リヴィウに住んでいたポーランド人は移住を余儀なくされました。彼らが向かった先はヴロツワフなどのポーランド西部の街。ポーランド西部に住んでいる住民に聞くと、多くの方がウクライナ出身だと答えてくれました。

ウクライナの歴史と政治は調べれば調べるほどおもしろいのですが、話はこのくらいにして。それでは、リヴィウのオススメスポットを見ていきましょう。

 

1. リヴィウ歴史地区の中心「リノック広場」

Photo by Wikimedia

さて、リヴィウの歴史地区の中心となるのがリノック広場です。この広場だけでも「ヨーロッパ」の雰囲気が感じられることでしょう。「リノック」とは「市場」という意味です。

昔、リノック広場には多くの上流階級の人々が住んでいました。そして、中央にある建物が市庁舎。名実ともに、リノック広場はリヴィウの中心だったわけです。

ところで、現在、リノック広場には多くの屋台があります。リノック広場で一番驚いた品はプーチンの顔が書かれたトイレットペーパー。いかに、リヴィウでは「反ロシア」で染まっているかよくわかります。
■詳細情報
・名称:リノック広場(Rynok sauare)
・住所:Rynok Square, Lviv, Lviv Oblast, ウクライナ
・アクセス:路面電車1系統に乗車、Rynok Square電停下車
・所要時間:30分
・オススメの時期:冬以外

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。