Google、音声操作対応のスマートホームハブ「Google Home」を発表

access_time create folderデジタル・IT
Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われた Google I/O 2016 カンファレンスで、音声で操作できるスマートホームハブ「Google Home」を発表しました。Google I/O 2016 で発表された最初の新デバイスとなる「Google Home」は、シリンダー型の小型ボディに、Wi-Fi、Bluetooth、スピーカー、マイク、イルミネーションライトなどを搭載したデバイスです。これには Google が同日発表した音声アシスタント機能「Google Assistant」が組み込まれており、音楽や動画を家庭内のスピーカーやテレビにストリーミングしたり、音声で様々な情報を取得したり、WEB の検索結果やテキストメッセージなどを読み上げたり、アラームやタイマー、予定などを設定するなどの操作が可能です。また、サードパーティアプリも Google Home に対応させることがでいます。Google Home は Google Cast に対応しているので、Chromecast のように Android アプリからストリーミングすることができます。また、スピーカーを接続したり、複数のスピーカーでマルチルームオーディオシステムを構築すること、さらに、Nest デバイスを含む IoT のリモコンとしても機能します。Google Home は年内中に発売される予定で、スペック情報はまだ公開されていません。Source : Google

■関連記事
Google、対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」を発表
Google、マンツーマンのビデオ通話アプリ「Duo」を発表
Google、新メッセージアプリ「Allo」を発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧