体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【講習で取れる資格】建築現場や工場・倉庫業務で必須! 『フォークリフト運転技能講習』を取得してきました!

自動車同様、スラロームやバック走行
まずは基本的な走行が出来なければいけません。前進、後進だけでなく、パイロンを使い、スラロームの練習や右左折、更にバックの右左折の練習を行います。

sankaku_road_cone

フォークリフトのハンドルは、自動車のハンドルと違って左手で片手運転をします。残った右手で、これから学ぶリフトの操作を行う訳です。ハンドルの感覚も、自動車のハンドルの感覚とは全く異なる為、頭を早く切り替えましょう。右左折に至っては、自動車より相当に小回りが利きます。

まだまだ有りますよ。とりあえずフォークリフトの走行がなんとかサマになるようになってきたら、次はいよいよパレットを使った実践的な荷役走行の練習を行います。

パレットを使った実践的な荷役走行

lgi01a201408030400

最初は空パレットで、次に実際にパレットに荷物を積んだ状態で、実践的な荷役走行を行います。実際に荷を積んだ場合、爪がしなる傾きを考慮しながらパレットを水平に保って走行する必要が有ります。爪先や荷物が角度的に良く見えない位置にある場合は、マストの各箇所の位置がどうなっているかで平衡状態や荷の状態を判断する場合もあります。

講習の中盤以降はタイムトライアル要素が入ってくる(実際の試験も既定の時間がある為)ので、ドキドキしながら練習をする事となります。(とは言え、慌てて失敗するよりは、時間が掛かっても丁寧に作業を行う方が減点は少ないのです)

kaichu_dokei

そして、メインの実技講習はコレ。

二段取りと二段置きを伴う荷役作業及び運転
今まで習った前進、後進、右左折、更にバックの右左折といったフォークリフトの操作に、更にこの荷役作業が加わります。
いわゆる、奥の方に置いてあるパレットに爪を指して、少し前に引っ張り出して、再度、爪を奥まで差してリフトアップするのが「二段取り」です。「二段置き」はその逆の手順でパレットを置く作業となります。

以下参考動画となります。

フォークリフトの荷役作業(二段取り)
https://youtu.be/rtOT0LmkBQo[リンク]

愛知労働基準協会|フォークリフト運転技能講習
https://youtu.be/ULSOvEU3KtQ[リンク]

北日本自動車大学校/フォークリフト運転技能講習
https://youtu.be/kIuJNBqYDnA[リンク]

フォークリフト実技コース再現
https://youtu.be/IscI_7zsCkc[リンク]

さあ、最後の難関の実技試験です。南無三・・・!

・・・二段取りと二段置きに手間取りましたが、なんとか合格点までには達しそうな成績で実技試験をクリア出来ました。良かったー!

その後すぐに合格発表があり、修了証が交付され、資格を取得する事が出来ました。

hyousyoushiki_girl
2f4ca6837d665fea6dd35948a9479bb6

「建築現場や工場・倉庫業務で必須!技能系国家資格の基本中の基本『フォークリフト運転技能講習』。
とっても就職や転職に有利な資格ですね!」

※本記事の内容は、あくまでも筆者の体験、調査に基づくものであり、筆者及び編集部はそのサービスや内容を保障するものではありません。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/(筆者自筆)[リンク]
※イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top[リンク]
※イラスト:かわいいフリー素材集 いらすとや http://www.irasutoya.com/[リンク]
※イラスト ソースネクスト 満足素材 http://www.sourcenext.com/service/houdai/product/?productgp=0000010435[リンク]
※イラスト GATAG|フリーイラスト素材集 http://free-illustrations.gatag.net/ [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2 3 4 5
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。