体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【講習で取れる資格】建築現場や工場・倉庫業務で必須! 『フォークリフト運転技能講習』を取得してきました!

受講資格には制限なし、つまり作業経験ゼロでも受講可能です(ただし就業が出来るのは18歳以上からです)。

講習科目は以下の通りです。[リンク]

学科
1.走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
2.荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
3.運転に必要な力学に関する知識(2時間)
4.関係法令(1時間)
実技
1.走行の操作(20時間)
2.荷役の操作(4時間)

計35時間 学科2日、実技3日の計5日間講習

ちなみに、特定の資格を持っていると、「フォークリフト運転技能講習」を取得する時に、一部の受講科目が免除されます。

大型特殊(カタピラを有する自動車のみを運転することを免許の条件とするものを除く)自動車免許所有・・・学科1.及び実技1.が免除で11時間

大型/中型/普通/大型特殊(カタピラを有する自動車のみを運転することを免許の条件とするものに限る)自動車免許所有及び3か月以上フォークリフトの運転業務経験有り・・・学科1.及び実技1.が免除で11時間

大型/中型/普通/大型特殊(カタピラを有する自動車のみを運転することを免許の条件とするものに限る)自動車免許所有・・・学科1.が免除で31時間←ほとんどの人がコレに該当するかと思われます

6か月以上フォークリフトの運転業務経験有り・・実技1.が免除で15時間

要するに、「自動車運転免許」のうち、大型特殊(カタピラを有する自動車のみを運転することを免許の条件とするものを除く)自動車免許の資格を持っていると、「フォークリフト運転技能講習」資格受講時に、学科と実技の講習の多くが免除される、というわけです。これを利用しない手はありませんね。出来ればあらかじめ、フォークリフトが公道を走る時に結果的に必要になる、「大型特殊自動車免許」を先に取得しておく事をオススメします(実際の作業を行う場合、公道を横断する事は良くあるため)。

ちなみに、「フォークリフト運転技能講習」は、筆者が体感したところでは、学科よりもいわゆる「体で覚える事が結構多い」ため、なるべく記憶力やモチベーションが高い、早い時期に受講した方がいいな、と感じました。

5b05ad20-504b-4414-c46a-3479f907e775

というわけで、筆者は一念発起して『フォークリフト運転技能講習』の教習を受講してきましたので、体験レポートをご報告致します!

建築現場や工場・倉庫業務で必須!技能系国家資格の基本中の基本『フォークリフト運転技能講習』の教習を受講して来ました!体験レポート!

まずは、最寄りの技能講習教習所を探してみると致しましょう。

主な技能講習教習所は以下の通りです。

コマツ教習所
https://www.komatsu-kyoshujo.co.jp/index.html[リンク]

キャプチャ

コベルコ教習所
https://www.kobelco-kyoshu.com/[リンク]

キャプチャ

コベルコ教習所の特徴
https://youtu.be/dY5QqlPBCIo[リンク]

キャタピラー教習所
http://cot.jpncat.com/[リンク]

キャプチャ
前のページ 1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。