ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ルノー トゥインゴはコンパクトカーの魅力があふれている

ルノー トゥインゴはコンパクトカーの魅力があふれている ▲まさに私のスイートスポットのど真ん中。今回、わざわざフランスまで行って試乗してきたのも、自分が欲しかったからというのが最大の理由。乗り心地、サイズ、長距離ドライブの資質など、どれも文句なし。最終的には価格次第だけれど、いま本当に欲しい1台

▲まさに私のスイートスポットのど真ん中。今回、わざわざフランスまで行って試乗してきたのも、自分が欲しかったからというのが最大の理由。乗り心地、サイズ、長距離ドライブの資質など、どれも文句なし。最終的には価格次第だけれど、いま本当に欲しい1台

これぞ現代の正統派フレンチ・コンパクトカー

スマート・フォーフォーと同時並行的に開発され、スロベニアのノボメストに建つルノーの工場でフォーフォーとともに生産される3代目トゥインゴ。注目のリアエンジン・リアドライブ(正確にはミッドエンジンだが……)はスマートから受け継いだコンセプトながら、現行型を含めたフォーツーとは比べものにならないくらい静かで、乗り心地も洗練されている。

そのたっぷりしたサスペンションストロークと腰のあるロールの仕方は、紛れもなくルノーの伝統を引き継いだもの。フランス車好きだったら「そうそう、オレが好きなのはこれなのよ! 」と思わず膝を叩きたくなるほどの仕上がりである。

リアエンジンレイアウトで心配される高速直進性は、パワステの巧妙な味付けによりまったく気にならない。パワートレーンは0.9L直3ターボエンジン(フォーフォーは1.0L直3NAエンジンを搭載)と6速DCTの組み合わせ。決してパワフルとはいえないものの、シフトショックを感じさせないスムーズな加速感が魅力的。これだったら日帰り500kmのクルージングは余裕でこなせそうだ。

インテリアもエクステリアも、デザインはフォーフォーよりも大人びているうえにクオリティ感も高い。また、ホイールベースはフォーフォーと同じなのに、後席のスペースはなぜかトゥィンゴが上回っているように感じられたのは不思議なところ。

ラテンの自動車メーカーはやっぱりコンパクトカー作りに長けていることをあらためて痛感させられる作品。フロントエンジンの趨勢にさからい、あえてリアエンジンとしたことで、コンパクトカーの魅力がさらに増幅したともいえる。BセグメントではVW up! とならぶ完成度だが、DCT付きなのでこちらの勝ちか?

▲トゥインゴ初の5ドアモデル。ルノー5や初代などから影響を受けた個性的スタイルに。大きなガラスハッチも特徴的

▲トゥインゴ初の5ドアモデル。ルノー5や初代などから影響を受けた個性的スタイルに。大きなガラスハッチも特徴的

▲ルノーのデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の5つ目となるPLAY(余暇を楽しむ)がコンセプトに

▲ルノーのデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の5つ目となるPLAY(余暇を楽しむ)がコンセプトに

▲ラゲージ容量は219L。床下にエンジンスペースがあるため床面が高くなっている

▲ラゲージ容量は219L。床下にエンジンスペースがあるため床面が高くなっている

【SPECIFICATIONS】

■グレード:TWINGO ■乗車定員:4名

■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:898cc

■最高出力:90/5500[ps/rpm]

■最大トルク:135/2500[n・m/rpm]

■駆動方式:RR ■トランスミッション:6DCT

■全長x全幅x全高:3620x1650x1545(mm) ■ホイールベース:2490mmtext/大谷達也

関連記事リンク(外部サイト)

ルノー ルーテシアはデザインも魅力だが走りもなかなかである
ルノー ルーテシアR.S.トロフィーは限界が高くパンチの利いた1台である

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。