ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菅原小春 休日はお菓子を片手にアニメ鑑賞

菅原小春 休日はお菓子を片手にアニメ鑑賞
J-WAVE金曜23時30分からの番組「SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。4月29日のオンエアでは菅原小春の休日の過ごし方を紹介しました。

「私の好きなものの三大要素は、スタジオジブリのアニメ、クレヨンしんちゃん、ディズニーアニメ」という菅原。子どもの頃から家にはこの3つのシリーズのビデオが並んでいて、ずっと観ていたそうです。今でもたまに、お姉さんと休みが重なると、自転車でコンビニに行ってお菓子をたくさん買って、それを並べて食べながら鑑賞するのだとか。

「最近気付いたんですけど、ディズニーアニメに出てくる女性のキャラクターは強いんです。だから強い女に憧れて育ってきたのかな?」

特に好きな作品は「ヘラクレス」「ポカホンタス」「ムーラン」。3本とも全てハッピーエンドです。菅原は、大切なことをあんなにハッピーに表現している映画は他になく、人生について考えさせるところも好き…と絶賛。ジブリ作品や「クレヨンしんちゃん」については、鑑賞するタイミングを選ぶそうです。

「ジブリ作品は感情が入ってしまうので、体を休めたい時には観ないんです。そのストーリーに入っていきたくて、エナジーを使って観ています。逆に『クレヨンしんちゃん』はスイッチを切る時に観ます。子どもの頃に戻してくれるんです。『大人にならなくてもいいんだよ。休みなよ』っていう気分にさせてくれるので、海外にいて、ご飯を食べる時や寝る時にも観ています」

また、寝るのも好きで、オフが4日間あった時は、4日間ほどずっと寝ていたそうです。

「この期間に工事のおじちゃんが家に行き来していたんですけど、私がいつも寝てるから『コイツはニートだよ』と思われたのか、心配されてしまって『今日は晴れてるよ。外を歩いて来なよ』って言われたんです」

その時はさすがに「ちょっと歩こうかな」と思ったそうですが、完全オフの時はフードをかぶって、すっぴんで食べては寝て…食べては寝て…という休日を過ごすとか。ちなみに、世間ではゴールデンウイーク中ですが、菅原はワークショップを開催するため中国に行っているそうです。

後半は、リスナーからのメールを紹介。その中の一つが、人前で話すのが苦手で、どうすればいいかという相談でした。実は菅原もあがり症。ダンスに関するワークショップや雑誌のインタビューなら大丈夫なのに、ダンス以外のことに関しては苦手なのだそうです。「私の方が解決法を聞きたいほどです」とのこと。

「ダンスのワークショップでは、これを伝えたいという思いがあるから私も話せるんです。『自分はこれだったら話せる』ということ以外は、緊張しなくていいんじゃないかなと思います」

とアドバイス。得意なこと以外はうまく話せなくても仕方ない、だから緊張しなくて良い、とエールを送っていました。みなさんも、菅原小春に相談したいことがあれば、番組オフィシャルサイトからメールでどうぞ。

【関連サイト】
「SUGAR WATER」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。