ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

さぁ来た「レッドファイッ!」 話題の“赤いあいつ”『レッドマン』がGW中だけ公開エピソードを再解禁!見逃し21話の見どころも全レビュー

これまでの公開済み作品 21話の見どころ

それでは、これまでに公開されている21作品の見どころを、主観で要約してみたいと思います。『レッドマン』はストーリーを追うのではなく“感じる”タイプの作品かとは思いますが、いわゆるネタバレが嫌な方は、ご覧になりませぬようよろしくお願いいたします。

第1話:ダークロン登場

01

・レッドマンが森を破壊しながら登場
・それを見かねたかのようにダークロン登場「僕の森を壊さないで」
・肉弾戦で(たぶん)ダークロン絶命。しかし、レッドマンはとどめのレッドアローを出して、助走(崖の上に移動している?)
・絶命し泥の塊のようになったダークロンの死体にレッドアローを追い討ちのごとく投擲(とうてき)、貴重な爆発
・崖の上に移動して決めポーズ \(^o^)

第2話:ブラックキング登場

02

・散歩をしているブラックキングの前にレッドマン登場
・最初、投げが決められないレッドマン、苦戦
・ブラックキングの背中がペラペラしてて心配
・華麗な横転からのレッドアローが、予想外の着地
・切られた後のブラックキング(被害者)視点

第3話:アーストロン登場

03-2

・散歩中のアーストロン、巨木を転がしての攻撃
・巨木攻撃がかわされ、戦意喪失するアーストロン
・アーストロン草むらでフルボッコ→形勢逆転「あ!オレ勝てるかも?」
・2秒後に撃沈、貴重な爆発
・死体を確認してからの立ち去り(サスペンス風味のフレームアウト)

第4話:アーストロン登場

04

・バランスを取りながら散歩中のアーストロン再登場(別個体?)
・「見つけた!」全力で走ってくるレッドマン
・先回りし前に立ちはだかるレッドマン
・引き(ロング)の視点で長回し
・突然具合が悪くなり、転がるレッドマン
・消えてからのガチで入るレッドキック、レッドチョップの威力で“仕留めた”感ラスト

第5話:ブラックキング登場 ★

05

・霧の中からブラックキング、いきなりの火薬!
・突進からしっぽ攻撃までの流れを甘んじて受けるレッドマン
・ブラックキングの背中がやっぱり心配
・ブラックキング突然の死
・死んだブラックキングにとどめのレッドフォール
・悠然と立ち去るレッドマン

第6話:ガラモン登場 ★

06

・ガラモン……亜種?
・マウント取ってからのフルボッコ
・目撃者視点の“草むらアングル”
・勝ち目がないと感じたか、ガラモン、能力駆使して全力逃走
・無慈悲なレッドアローがショッキングな直撃
・ガラモン視点からのレッドマンの立ち去り

第7話:イカルス星人登場

ikarus01

・楽しそうに竹やぶで遊ぶイカルス星人……亜種?
・仕留める気満々で竹やぶの向こうから見ているレッドマン
・投げられる側の視点を感じるカメラワーク
・竹を利用したレッドジャンプからの時代劇ばりの間合いでレッドナイフ
・イカルス星人最後の視界
・うなずき

第8話:ドラコ登場 ★★

doraco2

・あまり多用したくない単語ですがこれは「神回」
・ものすごい引きの画から既に戦闘
・斜面での戦闘に苦戦する(本当に転ぶ)レッドマン
・両者、足場が悪いのか随所で苦戦
・仕留めた!と喜ぶドラコ(かわいい)
・レッドアロー発動も、力尽きるレッドマン
・ドラコのレッドアロー悪用にキレるレッドマン
・折れるレッドアローがまさに墓標
・立ち去りが時代劇ばりに渋すぎる

第9話:イカルス星人登場

09

・初の水辺
・いきなりのレッドナイフも奪われる
・「もう一本あるけどね」「え!?」
・結局お互い、武器を使わず殴り合いに
・しかし形勢不利のイカルス星人、落ちているレッドナイフを手に
・レッドキック一閃
・取り返したレッドナイフでとどめをさすかと思いきや

前のページ 1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき