ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NICOの新曲「ストラト」は泥酔状態で生まれた?

NICOの新曲「ストラト」は泥酔状態で生まれた?
J-WAVE月曜ー木曜16時30分からの番組「GROOVE LINE Z」(ナビゲーター:ピストン西沢)。4月28日の放送には、新曲発売を間近に控えたNICO Touches the Wallsが出演。ボーカル&ギターの光村龍哉さんとドラムスの対馬祥太郎さんが、制作秘話などを明かしました。

5月3日に発売となる、NICO Touches the Wallsのニューシングル「ストラト」。映画「ヒーローマニアー生活ー」の主題歌としても話題ですが、気になるのはそのタイトル。ギターの機種のひとつである”ストラトキャスター”を使用しているのかと思いきや、作詞作曲の光村さんによれば、「ストラト」は彼らの造語なのだそう。

「”信じる”という言葉がいっぱい歌詞に出てくるので、”信じる”という意味の”trust(トラスト)”からきています」と話した光村さん。

ピストン西沢:説明しないとわからない言葉をタイトルにするところがNICOだな。自分たちの中で「おお、いいじゃん!」って盛り上がった感じでしょ。

光村:確かに、タイトルが決まった時は、僕らも結構泥酔はしていました(笑)。

と、まさかのエピソードを披露。しかもその場所は蕎麦屋だったのだとか。とはいえこれまでにも、歌詞にない言葉をタイトルにした曲を多く作ってきたNICO。ピストン西沢が、ビートルズの「Hey Jude」や「Yesterday」にならって、やはり曲の中にタイトルを入れるべきではと突っ込むと…

「僕はスピッツの『ロビンソン』を聞いて音楽をやろうと思ったんです。それで育ってきているから、歌詞の中にタイトルが出てこないことが逆にカッコいい。『どうしてこのタイトルになったんだろう』と考えるのが楽しいんです」(光村さん)

と、タイトルづけには明確な意図があることを明かしました。それでもお酒が功を奏することはあるようで、光村さんは「曲作りと称して飲みに行ったりしてはいますけどね。飲んでいるときは作れませんが、お酒を飲んで帰り道にフラフラーっと歩いていると、いい曲が降りてくることはありますよ」と、曲作りにまつわる裏話を話してくれました。

NICOは、このシングル発売後、5月6日には初の大阪城ホール公演「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016”渦と渦〜西の渦〜”」を開催予定。それまでにも、4月29日には宮城県でのARABAKI ROCK FEST.、5月3日には千葉県・幕張でのJAPAN JAMに出演と、精力的に活動しているNICO Touches the Walls。ライブでは、なぜこのタイトルがつけられたのか意味を考えながら聴いてみると、楽曲をさらに深く楽しめるかもしれませんね。

【関連サイト】
「GROOVE LINE Z」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。