ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンションの防災力を高めよ! 居住者参加率63.5%の防災訓練レポート

マンションの防災力を高めよ! 居住者参加率63.5%の防災訓練レポート
マンションの防災力を高めよ! 居住者参加率63.5%の防災訓練レポート

4月14日夜、熊本地方で発生した「平成28年(2016年)熊本地震」。49人もの尊い命を奪い、けが人も1000人以上発生、そしていまなお数万人規模の人が避難生活を強いられている(4月26日現在)。被災地では、水や食料などの物資不足が深刻化したことも度々報じられ、避難生活で体調を崩すなど二次被害も報告されている。

大規模マンションだからこそ必要な備えとは?

震災によって直接の難を逃れたとしても、その後すぐに平穏な生活に戻れる確率は極めて低い。特に、高度な耐震性を誇るマンション居住者の場合、避難所に入れないケースも多いという。震災後は避難所に被災者が殺到し、自宅が倒壊した人を優先的に受け入れるためだ。そこで大切なのは、いざというときマンション居住者同士が手を取り、支え合うコミュニティや心構えを日ごろから醸成しておくこと。日々の防災訓練なども、よりリアルな被災状況を想定したプログラムが望ましいだろう。

SUUMOジャーナルでは、4月17日に千葉県習志野市のマンション「ザ・パークハウス 津田沼奏の杜」で実施された大規模な防災訓練に参加。従来の防災訓練から一歩踏み込んだプログラム内容を取材した。

マンションコミュニティの結束が災害後の生活を支える

2013年に竣工した同マンションで、防災訓練が行われるのは昨年に続き2回目。今回は、マンション内に留まらず、街を意識したプログラムが展開された。

この日は、熊本地震から3日経った4月17日の日曜日。強風が吹きすさぶなか安否確認訓練は、全721世帯中63.5%にあたる458世帯が参加。震度5の地震を想定した訓練が行われた。【画像1】8時45分に安否確認訓練開始の館内放送が流れる。各戸のドアには安否確認シートが続々と貼られた(写真撮影/末吉陽子) 【画像1】8時45分に安否確認訓練開始の館内放送が流れる。各戸のドアには安否確認シートが続々と貼られた(写真撮影/末吉陽子)【画像2】マンションの防災理事を中心に、各戸を周りトランシーバーで安否情報を収集(写真撮影/末吉陽子) 【画像2】マンションの防災理事を中心に、各戸を周りトランシーバーで安否情報を収集(写真撮影/末吉陽子)【画像3】9時15分、避難訓練開始の館内放送が流れ、芝生広場に居住者が続々と集まりはじめた。各棟のブロックごとに整列し、自己紹介をはじめる。初めて顔を合わせる人も多く、どことなくぎこちない雰囲気も漂うが終始にこやかに進行(写真撮影/末吉陽子) 【画像3】9時15分、避難訓練開始の館内放送が流れ、芝生広場に居住者が続々と集まりはじめた。各棟のブロックごとに整列し、自己紹介をはじめる。初めて顔を合わせる人も多く、どことなくぎこちない雰囲気も漂うが終始にこやかに進行(写真撮影/末吉陽子)【画像4】居住者全員に配られているという防災バッグのなかには、「笛」「ウォータータンク」「手動のラジオ」「携帯の充電器」「簡易トイレ10回分」が入っている(写真撮影/末吉陽子) 【画像4】居住者全員に配られているという防災バッグのなかには、「笛」「ウォータータンク」「手動のラジオ」「携帯の充電器」「簡易トイレ10回分」が入っている(写真撮影/末吉陽子)【画像5】続いて習志野市消防本部による、40m級はしご車を使用したデモンストレーションが行われた。「災害が起きたとき、我々がすぐに皆さんのもとに救助に来られるかどうかは分かりません。自分の身は自分で守るということを忘れないでください。そして訓練を

【画像5】続いて習志野市消防本部による、40m級はしご車を使用したデモンストレーションが行われた。「災害が起きたとき、我々がすぐに皆さんのもとに救助に来られるかどうかは分かりません。自分の身は自分で守るということを忘れないでください。そして訓練を”身になる訓練”にしてください」と話す谷津出張所の鈴木副所長の言葉に、参加者の表情が引き締まる(写真撮影/末吉陽子)

10時をまわると、7つの防災イベントが展開された。【画像6】各戸のバルコニーの仕切りとして使われているパーテーションを、実際に蹴破る訓練。マンションでは玄関から出られなくなったときにバルコニーから脱出することが必要となる。足や身体で破ると抜けなくなることがあるため、鍋やペットボトルなどを使用すると良いそう。「思ったより固くて難しかった」(小学校5年・男子)、「1カ所穴が開くと楽ですが、女性の力だと大変かも」(38歳・女性)という声も(写真撮影/末吉陽子) 【画像6】各戸のバルコニーの仕切りとして使われているパーテーションを、実際に蹴破る訓練。マンションでは玄関から出られなくなったときにバルコニーから脱出することが必要となる。足や身体で破ると抜けなくなることがあるため、鍋やペットボトルなどを使用すると良いそう。「思ったより固くて難しかった」(小学校5年・男子)、「1カ所穴が開くと楽ですが、女性の力だと大変かも」(38歳・女性)という声も(写真撮影/末吉陽子)【画像7】こちらは、マンホールトイレの組み立て訓練。災害が起きたときにはマンションの敷地内にある「おすい」と書かれたマンホールを開けて、その上に置くことになる。説明書を解読しながら居住者同士で協力し、組み立てていく(写真撮影/末吉陽子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy