体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼肉屋で食べるビーフストロガノフってシャレオツじゃね? @『焼肉はせ川』小田急相模原

さらに!

場の空気を察してか、初めから茹でていたのかは謎ですが、普通に“つけ麺”の麺もサービスされました。

有り難う御座います!

『ビーフストロガノフ』も食す!

16-hase3a061_R

というわけで、この日のメインディッシュを食べることにします。

この店では見たことがない『ビーフストロガノフ』(コールスロー付き1280円)をチョイスです。

16-hase3a071_R

結果、いつものことなので今更感はありますが、何人前だよってボリュームで登場で御座います(写真の皿はパーリィサイズです)。

16-hase3a064_R

この店の御飯系&麺類は時々おかしいことになるので注意して下さい。

16-hase3a065_R

ちなみにデミソース的な何かが、高級和牛的なステーキっぽい肉の上にかかっていて、非常に美味しい『ビーフストロガノフ』で御座います。

16-hase3a063_R

なんでしょう?

うどんを食べた後に『ビーフストロガノフ』とか、滅多に無い組み合わせですが、それぞれ個々に美味しいので文句を言えないというか、むしろ期待して訪れているってのも否めない事実です。

16-hase3a062_R

いつもはカレーを食べている筆者ですが、この日は『ビーフストロガノフ』がベストチョイスだったと思われます。

『イチゴサンド』も食べるの?

16-hase3a072_R

『焼肉はせ川』に訪れて『イチゴサンド』(500円)を食べないのは、ナンセンスでは、ないでしょうか?

16-hase3a073_R

その名の通り、ストレートに苺とパンのサンドですが、生クリームが甘過ぎず苺の酸味とイイ感じのバランスでビッグバンです。

『自分でティラミス』とは?

16-hase3a078_R

筆者は『焼肉はせ川』のグランドメニューの性能を知っているので、最後の余力を使って『自分でティラミス』(350円)をオーダーします。

恐らく、これを食べてメンバーの胃袋は終了するはずです。

自分でティラミス的な何かを作るのですが、ぶっちゃけ写真の人は残念なセンスの持ち主だったようですね……。

しかし!

こんなオブジェですが食べてみると、意外と普通に「ティラミスかな~、ティラミスじゃないのかな~、そう言われたらティラミスかもな~」くらいの味にまとまるから不思議です。

試してガッテン!!

16-hase3a079_R

そして最後の最後は“焼き芋”のサービスで終了で御座います。

16-hase3a080_R

ちなみにコチラ、非常にセレブな“お芋様”でして、そこら辺の焼き芋とは違う異次元の美味しさでした。

『焼肉はせ川』 総評

16-hase3a002_R

筆者的には平常運転ですが、どうやら世間は『焼肉はせ川』に夢中のようですね。

しかし!

この『焼肉はせ川』は完全予約制で、飛び混みで入っても1000%入店出来ないので注意が必要です。

しかも、筆者が記事を書くと予約の電話が殺到するので、ほぼほぼ電話も繋がらない鎖国モードに入りますので御了承下さい。

行けば分かるのですが、これらのメニューを夫婦二人で回しているので、電話に出る余裕がありませんし、予約もギッシリ埋まっているので、ほぼ予約を断る他なく、結果的に電話に滅多に出ないみたいな流れになっています。

というわけで、いろいろな意味で“幻の楽園”みたいな『焼肉はせ川』ですが、希に電話が繋がる奇跡も起きるので、諦めずに生きていたら幸せが訪れる日も来ると思いますよ。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2 3
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。