ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【70’sモダンな喫茶店探訪】高田馬場・ロマンでロマンを感じる

【70’sモダンな喫茶店探訪】高田馬場・ロマンでロマンを感じる

f:id:uralatokyo:20151011135714j:plain

今こそ訪ねたい70年代モダンな喫茶店

レトロな喫茶店が好きという人は多いと思いますが、実はゴージャスなムードの高級感漂うお店が好きだったりします。

ヨーロッパ調の家具調度が置かれた暗めな室内。マイセンやセーブル風の華やかなカップ&ソーサー。壁にはステンドグラス風の意匠が施され、ショパンのノクターンが静かに流れる……みたいな。

お城系なんて言われることもある、このような喫茶店には固定のファンがいていろいろと論評されることも少なくありません。

その一方で、あまり注目されることもなく、そのまま時代の流れでクローズしてしまうお店も多くなってきているのが70年代風の喫茶店です。

昨年はホテルオークラ東京の本館が建て替えのため取り壊され、多くの人が名建築を惜しみました。ここには、歴史的建造物と違って現代建築の文化的重要性がきちんと理解されていないという問題があります。

それと似たような問題が喫茶店にもあるのではないでしょうか。

70年代モダンな喫茶店を訪ねるなら今ですよ!

そもそも70年代という時代自体がやや軽んじられているようにも思えます。

モダニズムの60年代とポストモダンの80年代の狭間の時代という中途半端なイメージ……。

しかし、過渡期ならではの面白さというものもあるのではないでしょうか。

そんな時代に生まれた70年代モダンな喫茶店を探訪し称揚すべし、というのがこの企画。

今回、紹介するお店があるのは高田馬場。

高田馬場とえば70年代モダンの聖地、と私は勝手に呼んでいるのであります。

f:id:uralatokyo:20151011135741j:plain

高田馬場のシンボル、BIG BOX。

黒川紀章の設計により1974年に竣工したこの商業ビルは、ボウリング場やジムなどのスポーツ施設やアパレルのテナントが入った、当時、最新鋭の複合アミューズメント施設でした。

開口部がない堅牢なイメージのファサードには商業施設なのに華やかさがなく、まるで要塞のよう。

そして、このBIG BOXのある高田馬場駅前交差点の周囲はというとぐるり70年代チックな建物に囲まれております。

f:id:uralatokyo:20151011135808j:plain f:id:uralatokyo:20151011135818j:plain

どうですか、このプチ・レトロ・フューチャー感!

完全に70年代で時を止めております。

50年代から70年代のいわゆる新宿文化華やかなりし頃に新宿の衛星都市的なオシャレ感のあった高田馬場。

今で言えば渋谷に対する三茶とか三宿とかそんな感じでしょうか。

その後、若者文化の中心が新宿から渋谷に移ると、高田馬場はその存在感を低下させ時が止まってしまったんですね。

そんな高田馬場の駅前にあるこのクールなビル。

f:id:uralatokyo:20151011135906j:plain

光沢感のある白いサイディングに窓が整然と並ぶ様はなんともスペーシー。

このビル、竣工したのは1969年ですが、まあ、ほぼ70年代ということで、そのへんはゴニョゴニョ……。

竣工と同時に、2階にオープンしたのが「ロマン」さんです。

“新幹線みたい”と言われたクールな内装

かわいらしい看板と、懐かしいショーケースが出迎えてくれます。

f:id:uralatokyo:20151011135959j:plain f:id:uralatokyo:20151011140025j:plain

そして一歩、店内に入ると……。

f:id:uralatokyo:20151011140055j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy