ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 帽子型屋根に七人の小人が支えるオフィス! ときめきが止まらない「ディズニー・アニメーション・スタジオ」訪問レポート
  • 全財産725円で学校を設立?! 驚きの実話を映画化した『サムライフ』
  • 『激亀忍者伝』こと『T.M.N.T.』の新作映画がキモ過ぎると話題 マイケル・ベイがプロデューサーを務める
  • 映画『犬ヶ島』はこうして作られた! パペット制作リーダーに聞く「実在するからこそ生まれる“質感”や“ハプニング”がCGには無い魅力」
  • ドラマ『ミスター・ロボット』のラミ・マレック、クイーンの伝記映画にフレディ・マーキュリー役で出演
  • 映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』、新トレーラーでコリン・ファースとパトリック・デンプシーが対決
  • 少しは仕事を選ぶべき!!環境省の『貞子ときっとク~ル計画』で「映画観ると節電になる」ってホント?
  • ほのぼのアニメと勘違いして劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』を観ちゃう親子連れが続出?
  • 初日限定のTシャツ&ドリンクプレゼントに“ボーダー割”も! アニエスベー初監督映画『わたしの名前は…』
  • 水を入れるだけでアッツアツ! おいしい戦闘食“ミリメシ”を食べてみた
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/3/3号:究極の選択を迫られるスリラー『聖なる鹿殺し』
  • 5月25日が「ターミネーターの日」に正式決定! シリーズ一作目から30周年を記念
  • サメだらけの『東京国際サメ映画祭』始動! サメを食べながら『シャークネード』最新作を観よう[ホラー通信]
  • 【動画】色男バンデラスがロボットとロマンティックダンス! 近未来SF『オートマタ』本編映像
  • SNSで呪い殺されるホラー『アンフレンデッド』本編映像 スカイプの向こうで動かなくなった彼女に一体何が……[ホラー通信]
  • オール女性キャストのリブート版映画『蠅の王』が批判に直面

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出発前に知っておきたい!オーストリアの通貨情報

出発前に知っておきたい!オーストリアの通貨情報
Provided by Tax Credits via Flickr CC

Photo credit: Tax Creditsvia Flickr CC

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はオーストリアの通貨に関する情報をお伝えします。歴史の奥深さを感じられる首都ウィーンや美しいアルプスの山々など、多くの魅力的なスポットがあるオーストリア。楽しく効率よく旅行するうえでも通貨の情報は必須事項ですよね。それでは早速見ていきましょう。

オーストリアの通貨はユーロ

オーストリアの通貨はヨーロッパで広く使われているユーロ。レートは1ユーロ=123円(2016年4月8日時点)です。ユーロの紙幣は5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロ、500ユーロの7種類、硬貨は1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ユーロ、2ユーロの8種類があります。セントはユーロの補助通貨で、1ユーロ=100セントになります。

ユーロへの両替はどこでできるの?

ユーロへの両替は現地の空港、中央駅、大規模なホテルにある両替所か銀行で行えます。ただ、現地での両替は銀行が一番レートがいいのです。急用でない限りは銀行で両替をしましょう。銀行の営業時間は以下の通りです。

月曜日・火曜日・水曜日・金曜日:8:00~12:30、13:30~15:00
木曜日:8:00~12:30、12:30~17:00
Photo credit: Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン」

Photo credit: Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン」

クレジットカードがオススメ

クレジットカードはあらゆるスポットで使用することができます。オーストリアではVISA、マスターカード、アメリカンエクスプレスの通用度が高いです。もちろん、クレジットカードでキャッシングサービスを使うことも可能。ただし、キャッシングサービスには金利と手数料がかかりますので、計画的に使いたいところですね。

ATMでユーロを引き出す方法

次にATMでユーロを引き出す方法を確認しましょう。基本的な使い方は日本と同じ。冷静に対処すれば何も問題はありません。引き出し方法は以下の通りです。

ATMにクレジットカードもしくは国際キャッシュカードを挿入します
1. 英語、ドイツ語、フランス語、英語から言語を選びます
2. 手で隠しながら暗証番号を打ちます。打ち終わったら「ENTER」を押しましょう
3. 「GO CASH」か「WITHDROW」を選びます。現金を引き出す場合は「WITHDROW」を選択しましょう。
4. 金額を指定します。金額が表示されている場合は、引き出したい額を押します。金額が表示されていない場合は、自分で引き出し額を打ち込みます。打ち込んだら「ENTER」を押します。
5. 現金、カード、レシートを忘れずに取りましょう
6. 元の画面に戻っていることを確認して終了です

オーストリアでのチップ

オーストリアでは必ずしもチップは必要ありません。ただ、感謝の意味を込めてチップを支払うこともあります。チップの目安額は以下の通りです。

タクシー:料金の約10%
レストラン:支払額の5%~10%
ホテル: ルームサービスやベルボーイを頼んだ場合は1ユーロ
トイレ:小皿が置いてある場合は20セント~30セント

旅行に関係する税金

オーストリアでは書籍や食料品を除く物品に20%の付加価値税が付いてきます。なお、ケースによっては、免税対象となり還付金を受け取ることができます。

還付金の受け取り方

1. 「TAX FREE SHOPPING」のステッカーがあるお店で、一度に75.01ユーロ以上のお買い物をします。
2. 店員に「タックス・フリー・プリーズ」と言い、必要書類を作成してもらいます。
3. 空港で手続きするまで商品を開封してはいけません。
4. 空港の免税カウンターで、商品、店で頂いた必要書類、パスポートを提示してスタンプをもらいます
5. 空港のリファンドオフィスで、スタンプ付きの必要書類、パスポートを提示して還付金をもらいます。なお、還付金は成田空港・関西空港でも受け取れます。
Photo credit: Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」

Photo credit: Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」

最後に

いかがでしたか。オーストリアはユーロを導入しているので、さほど心配はいりません。計画的にATMやクレジットカードを利用して、お得にオーストリアを旅行しましょう。  

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by:Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン」

出発前に知っておきたい!オーストリアの通貨情報

Compathyでオーストリアの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、オーストリアを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」

*Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン」

*Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。