体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメを食べたら風邪をひかないという言い伝えの「アメッコ市」。ついでに秋田犬もモフモフしてきた

ここでアメをぶっ叩いていた女の子とも仲良くなれたし、なんかもういいことばかりであった。

ハチ公の故郷で、もふもふな秋田犬をモフモフ

f:id:Meshi2_IB:20160312153313j:plain

さて、秋田県大館市は秋田犬のふるさとである。秋田犬といえば渋谷のハチ公もそうである。事実、大館市と渋谷区はハチ公を通じて姉妹都市関係にある。言うなれば、大館市は「東北の渋谷」と言っても過言ではない。いや過言だ。申し訳ない。

f:id:Meshi2_IB:20160312153314j:plain

さまざまなパターンの秋田犬の細工アメがある。

そしてアメッコ市の催し物の中にはたくさんの秋田犬によるパレードもある。

ふっさふさの秋田犬をモフモフし放題なのである。

f:id:Meshi2_IB:20160312153315j:plain

あいにく取材日は雨となった。モフモフしそこねたところはあるが、休憩所のストーブの前でくつろぐ秋田犬がなんだかかわいかったのである。

f:id:Meshi2_IB:20160312153316j:plain

凛々しいトラ毛の秋田犬はソラメちゃん。生後10カ月半にして体重30キロである。

ソラメちゃんはイベント出演が多くて人に慣れているとのこと。

美形であることを買われてか、新幹線の中にある冊子で「秋田美人」として紹介されていた。生まれて1年も経っていないのにすでにタレントである。自らポーズを決めてくれるあたり、かなりのタレント性を感じる。

「アメッコ市」は旧正月の12日、2月の第二土曜日と翌日曜日に行われる。

冬場に行われるアメの祭りは日本中にあるが、農閑期に人々が集まって作業をするとか、カロリー源として貴重な砂糖の売買であるとか、そこには合理的な理由があったものと思われる。

砂糖は温度によって8種類くらいに状態変化する化学的におもしろい食材だ。

古くからの日本人が砂糖をなんやかや工夫していろんな状態に変化させ、目や舌で楽しんできた足跡をたどることができるのも「アメッコ市」の楽しみ方のひとつだ。

んでまあ、実際に行ってみたら、やたらとライブ感のある実演販売や、経験したことのないアメの食べ方など、単なるアメのお祭りなのにイベント性が豊富で参っちゃったのであった。

イベント情報

大館市観光協会

大館アメッコ市

f:id:Meshi2_IB:20160312153317j:plain

書いた人:

鷲谷憲樹

ライフハック系の書籍編集、専門学校講師、映像作品のレビュアー、社団法人系の広報誌デザイン、カードゲーム「中二病ポーカー」エバンジェリストなど落ち着かない経歴を持つ器用貧乏。好きなアメはあのイチゴのやつ。好きな犬は秋田犬。好きな魚は煮付けたハタハタ。 Twitter:@nwashy

関連記事リンク(外部サイト)

「生ビールが飲めるパン屋さん」の歴史的なカレーパンをツマミに【ヒョイ飲み】!
サブカル好き外国人が殺到中!? キッチュでレトロな新宿のゲームバー「8bit Cafe」
異色のラーメンクリエイター・庄野智治氏が繰り出す、オリジナリティあふれる創作ラーメンに注目!

前のページ 1 2 3 4
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。