ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

キリン『一番搾り』がまさかの全都道府県を網羅! 『47都道府県の一番搾り』研究会レポート

IMG_0152-s


何やら独自の観察方法で『一番搾り』の比較をするwosa主任研究員。研ぎ澄まされたビール審美眼で、あらゆる特性を見出しているようです。

IMG_0155-s


そしてwosa主任研究員のシートには、おびただしい量の情報が記されてました。しかし、それだけそれぞれの『一番搾り』が違うということです。

IMG_0139-s


もちろん、他の研究生も至って真面目に研究中。ガジェット通信発行人のふかみんも、真剣に研究結果をまとめています。

IMG_0156-s


オススメの飲み方は、ぐいっとのどを使った飲み方なのだとか。コップのサイズがちょうどいい塩梅なので、若い研究生は一気飲みののど越しを研究。

IMG_0199-s


最後には研究生達の「研究報告」と称して、それぞれ気になった『一番搾り』を発表。

1番のお気に入りは意見が割れる結果となりました。東京が一つ頭抜けた人気を集める一方、山形や岐阜、新潟や鹿児島など意外と皆バラバラな“推し一番搾り”があるということが判明。また、それぞれの出身地によって大きく好みが別れることも判明しました。

例えば、鹿児島は「沖縄ほどアッサリもしていなく、ビールが苦手な人には丁度いい」と言った意見や、「米どころだからか新潟は日本酒っぽく感じる」と言った感想もありました。

一通り研究成果を発表した後、第1回『47都道府県の一番搾り』研究会は無事閉会しました。スタッフ達はその後、なんと各々の仕事に戻っていったとか……。

IMG_1785-s


新しく発売される『47都道府県の一番搾り』。気になった方は是非、地元の『一番搾り』を試してみてはいかがでしょうか?

47都道府県の一番搾り 地域限定発売!地元うまれの一番搾り
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is_47/

前のページ 1 2 3 4
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき