ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アースデイ東京でアヴェダのファッション&ヘアショーを4/23開催

アヴェダ、コンセプトサロンのヘアスタイリストたちによるCATWALK for WATER Japan 事務局は、4月23日に代々木公園で行われるアースデイ東京 2016のメインステージにて、アヴェダのファッション&ヘアショー「キャットウォーク・フォー・ウォーター」を開催します。

ペットボトルの底でできた衣装をまとった女性

ペットボトルの底でできた衣装をまとった女性。
アヴェダ アースデー月間2016のメインビジュアルより

キャットウォーク・フォー・ウォーターは、アヴェダによる環境保全への啓蒙活動の一つ。アヴェダは毎年4月を中心に環境保全への取り組みとしてアースデー月間活動を行っています。今年のアースデー月間では日本で初めてキャットウォーク・フォー・ウォーターが行われます。

今回のテーマは「SA・N・KYU」(さ・ん・きゅ)。役目を終えた廃材や資材に、ありがとうの気持ちを込めて、日本のアーティストたちがもう一度命を吹き込みます。廃材にアートという付加価値を与えて、プロフェッショナルが魅せる新しい世界です。

ゴミとなる素材を使って制作されたアート性の高い衣装と、トップスタイリストによる芸術的なヘアスタイルをショーとして楽しみながら、募金形式の人気投票に参加できます。

今回のショーに関わるアーティストやモデル、関係者はすべてチャリティ参加で行われます。見る人、作る人、関わる人すべての環境保全の意識を高めていくことを目的としているイベントです。

【キャットウォーク・フォー・ウォーター 概要】
場所:代々木公園内 アースデイ東京 2016 メインステージ
日時:2016年4月23日(土)14:30~15:15

ショーのスケジュール(予定)
14:30 事務局代表者、Masa Honda氏による挨拶
14:40 モデルによるキャットウォーク開始
14:50 衣装、ヘアスタイルの紹介
15:00 変化するヘアショー開始
15:10 投票結果発表
※雨天決行します
ショーの見どころは3つ。
アヴェダのトップスタイリストたちが、最高レベルのテクニックを駆使し、水を使いながら3段階に変化する芸術的なヘアスタイルをショー形式で披露します。注目すべきは、アイロンやドライヤーを、仕込み段階から一切使わないこと。
「電気を必要としないエコヘアスタイル」は必見です。

また、衣装監修代表マキユ氏、総合クリエイティブダイレクション Takayuki Shibata氏、バンタンデザイン研究所の学生によるチームは、美容サロンの商材を入れる箱や汚れたタオル、クロスなど、ゴミとなるもの12袋分を使った衣装6着を作成。
芸術性が高く、美しくて繊細な、まさに新しい命が吹き込まれたアート作品に出会えそう。

今回は、観覧した人たちによる募金スタイルの人気投票も行われます。
アーティストとモデル2名が1つのチームとなり、3チームが登場。今回のテーマ「SA・N・KYU」に一番ふさわしいと思うチームへ1口 100円で投票します。

募金はショーの間に行われ、最後に「ベスト SA・N・KYU」を発表します。集まった金額はすべてアースデイ東京に募金されます。

ゴミとファッションとヘアを融合した新しいアート世界のチャリティショーを楽しんでみては。

問い合わせ/CWFW事務局 03-5789-9187

関連記事リンク(外部サイト)

ボビイ 夏の目元を美しくキープするロングウェア アイ プログラム
ギノーの最新痩身メニュー、”テクニスパ アドバンス”を体験
ラッシュスパの新メニュー”ザ プラネット”は施術3h超の超大作
お風呂◆ラベンダーの芳香に全身浸る!ロクシタンのフォーミングバス
ストール、マフラー、スカーフ・・・巻き物の基本知識を総ざらい

生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy