ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドーナル・グリーソン、ミシェル・ファイファーがダーレン・アロノフスキー監督のホームドラマ映画に出演へ

Domhnall Gleeson Michelle Pfeiffer

ジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデムが出演する、米パラマウント・ピクチャーズによるタイトル未定のホームドラマ映画に、ドーナル・グリーソンと彼の弟ブライアン・グリーソン、ミシェル・ファイファー、エド・ハリスが、出演に向けて交渉中だ。

同作は、ダーレン・アロノフスキーが自身の脚本をもとに監督を務め、招かれざる客が彼らの家に到着し、彼らの平穏な生活を崩壊させた時に2人の関係が試されるカップルを中心に描かれる。

アロノフスキー監督と彼のパートナーであるプロトゾア・ピクチャーズのスコット・フランクリン、アリ・ハンデルがプロデュースする。米パラマウントは、6月に製作を開始する予定だ。

ドーナル・グリーソンは、映画『ハリー・ポッター』シリーズ最後の2作品に登場するビル・ウィーズリー役と、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の悪役ハックス将軍役で最も良く知られている。アイルランド人俳優のグリーソンは、映画『エクス・マキナ』、映画『レヴェナント:蘇えりし者』、映画『ブルックリン』と、2015年に公開された素晴らしい3作品にも登場し、ナショナル・ランプーン創始についての物語である、Netflixによる『A Futile and Stupid Gesture(原題)』にも参加した。

ファイファーは、ロバート・デ・ニーロが主演しリュック・ベッソンが監督を務めた、証人保護プログラム中のマフィアを描いた2013年の犯罪スリラー映画『マラヴィータ』に出演した。

ブライアン・グリーソンの最も著名な出演作は、映画『スノーホワイト』だ。

パラダイムが、グリーソン一家の代理人を務めている。ファイファーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、マネージメント360、弁護士事務所のハーシュ・ウォーラーシュタインを代理人としている。このニュースはハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。