ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

デリーはクゥトブ・ミーナールを見た後は、同じく世界遺産のフマユーン廟へ。メトロのバイオレットラインでJLN STADIUM駅で降りてリクシャですぐ。入場料250Rs。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟 インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟 インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

ムガル帝国の王様、フマユーンの死後に妻が建てさせたお墓として1569年に完成。かの有名なタージ・マハルに影響を及ぼしたとあり、造形はとっても似ています。色はタージが真っ白なのに比べ、こちらは赤土色。それはそれでまた乙な趣で、夕日を浴びた佇まいは見る人の心を奪います。どこから見ても左右対称の造り、美しい曲線を描くアーチ、複雑な幾何学模様・・・とイスラム建築の美しさにうっとり。しかし、この建物の中には150人の王様や家族などが眠っているとか。よく考えたら怖い。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

棺ももちろんあります!

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

フマユーン廟の上からみた景色。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

すかし窓から入り込む夕日も美しいです。建物に行くまでに芝生の広場があり、みんなそこで憩いのひととき。インドのいいところは、世界遺産でも気軽に近くまで行けるし、触れられるし、休憩ができるところ。世界遺産に対しておおらかに接する感じがいいなーと思います。

[寄稿者:いなもん]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/inamon/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy