ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古民家「谷中ビアホール」で下町の風情を味わいながら一杯やる

f:id:naruse_e:20151022190547j:plain

いつでもうまいビールが飲みたい、という私の気持ちにブレはない。

そんな、いつでもうまいビールを飲ませてくれる、一風変わったビアホールが上野桜木にあるという。

上野桜木といえば、街歩きの定番スポットとして親しまれる「谷中・根津・千駄木」、通称・谷根千(やねせん)エリアのすぐ隣。江戸時代から明治・大正・昭和と、歴史を感じさせる建物が多く、「谷中ボッサ」「カヤバ珈琲」などの人気カフェも点在している。東京芸大と隣接していることもあり、ギャラリーなどアートスポットもあちこちにある。つまり、大変街歩きに適した街であり、谷根千方面から足を伸ばす人も多い。

街歩きで乾いた喉をビールで潤す。いいじゃないですか。

f:id:naruse_e:20151022190633j:plain

というわけでやってきました、上野桜木。最寄りはJR鶯谷駅だが、東京メトロ根津駅あたりからブラブラ歩いてくるのがオススメ。

店舗が有形民俗文化財として公開されている、上野桜木の交差点にある旧吉田酒店や、クラシックな味わいの店構えが目を惹く「愛玉子(オーギョーチイ)」、築200年の銭湯「柏湯」を改装した現代美術のギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」なんかを見ながらブラブラと歩いていく。

そして、上野桜木の住宅街を入っていくと、突然現れるのが「上野桜木あたり」だ。

f:id:hotpepper-gourmet:20160419143458j:plain

どーん。

堂々たるたたずまい。

「上野桜木あたり」とは、昭和13年に建てられた三軒続きの古民家をリノベーションして2015年3月にオープンした複合商業施設のこと。この中にうまいクラフトビールを出す店「谷中ビアホール」がある。

ほかにも、塩とオリーブの店「OshiOlive おしおりーぶ」、ベーカリー「Kayaba Bakery カヤバベーカリー」、ブティック「でも俺5時間だからユウスケ」、共用スペース「みんなのざしき」、シェアオフィス「YAKATA」などが入居している。

f:id:naruse_e:20151022190807j:plain

こちらが「谷中ビアホール」の入口。いなせな暖簾をくぐって中に入ってみよう。

f:id:hotpepper-gourmet:20160419143517j:plain

土曜日の午後とはいえ、まだ日が高いうちから店内は満員! 客層は老若男女さまざま。それぞれ思い思いのスタイルで昼ビールを楽しんでいる。平日は、ご近所の方も多いそうだ。

f:id:hotpepper-gourmet:20160419143536j:plain

開放的なテラスも。外国人のお客さんも非常に多く、最近はフランス人のお客さんがよく訪れるとのこと。どうやらフランス人ツーリストの間で、谷根千がブームらしい。

f:id:naruse_e:20151022190907j:plain

「谷中ビアホール」はチケット制。900円、1,500円、3,000円のいずれかのチケットを購入して、カウンターでオーダーする。

f:id:naruse_e:20151022190930j:plain

最初にオーダーするのはもちろん「谷中ビアホール」名物・谷中ビール(Sサイズ600円、Mサイズ900円、Lサイズ1,200円。写真はSサイズ)。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。