ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼女に言ってみたいモテフレーズ ~風光る晩春の茨城編~

彼女に言ってみたいモテフレーズ ~風光る晩春の茨城編~ 2016_0405_1_01

東は太平洋に面し、先進的な工業地帯学園都市を有する茨城県

調査のプロであるリサーチャーさんが茨城県のオススメデートスポットを教えてくれた。

新緑が美しい4月から5月、爽やかなモテフレーズで風のように彼女のハートをさらってみよう。

日立駅

ホンネスト

かつては何の変哲もない駅舎だった日立駅。2011年4月、海の見える橋上駅舎として生まれ変わった。

デザイン監修を務めたのは、日立市出身の世界的建築家・妹島和世氏。

全面ガラス張りの開放的なデザインは国内外から高い評価を受けている。

2012年にグッドデザイン賞、さらに2014年に鉄道の国際デザインコンペティション「第12回ブルネル賞駅舎部門」で優秀賞を受賞した。

自由通路の奥には展望スペースカフェがある。太平洋を一望するその眺めは、まるで海外のリゾート地。

わざわざこの景色を見るために遠くから訪れる人も多いという。早朝、水平線から昇る日の出の美しさも話題となっている。

【モテフレーズ例】

果てしなく広がる海と空に誓って、僕は君を守り続ける。

竜神峡 鯉のぼりまつり

ホンネスト

竜神ダムの上に架かる竜神大吊橋は、中央支間375m、歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇る。

湖面からの高さは100mで、四季おりおりの絶景が楽しめる。

4月中旬から5月中旬にかけて「竜神峡 鯉のぼりまつり」を開催。

上空に長さ約1000mのワイヤーロープが張られ、約1000匹もの鯉のぼりが泳ぐ。

峡谷の緑を背景に鯉のぼりの群れが風に揺れる様はまさに壮観。

期間中はイベント会場にて、地元特産品の展示即売やフォトコンテストなどが催される。

竜神大吊橋を渡り切った先にあるのは「木精の鐘」(もりのかね)。愛・希望・幸福を象徴する3種類の鐘が設置されている。

愛の鐘はふたりでボタンを押さないと鳴らないようになっており、カップルに人気がある。

チャペルに見立てて結婚式を挙げたカップルもいるのだとか。

【モテフレーズ例】

風に舞う鯉のぼりを数えながら、千の言葉を君に捧ぐよ。

セグウェイシティツアー in つくば

ホンネスト

セグウェイとは、アメリカで開発され、2001年に発表された電動立ち乗り二輪車のこと。

アクセルやブレーキの操作ではなく、重心の移動による直感的な運転が可能。環境に優しく、機動力のある乗り物として注目されている。

セグウェイが日本で発売されたのは2006年。空港や倉庫、コンベンションセンターなどで導入されている。

現在のところ公道での走行は認められていないが、2010年からつくば市が搭乗型移動ロボットの実証実験特区となり、公道実験が始まった。

シティツアーは公道実験の一環である。時速約10kmで街を巡りながら、学園都市つくばの構造や歴史を知り、住む人との触れ合いを感じることができる。

参加には普通自動車免許証または普通自動二輪免許証が必要なので要注意。

ツアーの所要時間は約2時間30分で、料金は9,000円(税込)。ちなみに、セグウェイ本体はなんと925,000円(税抜)もするそうだ。

【モテフレーズ例】

僕たちの恋にブレーキはいらない。セグウェイと同じようにね。

関連記事リンク(外部サイト)

運命の人に出会える!? 「赤い糸」にまつわる恋愛スポット
調査のプロが教える デートで使える豆知識~ゴールデンウィーク穴場スポット編~
調査のプロが教える デートで使える豆知識~雨でも平気“屋内デート”編~

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。