ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熊本で震度7の地震 民進党の『Twitter』公式アカウントは一般ユーザーとケンカして謝罪

民進党

4月14日午後9時26分頃熊本県で地震が発生。九州では観測史上最大規模の震度7を記録、「平成28年熊本地震」と名付けられ、その後も大きな余震が続いている。

そんな中、『Twitter』にて民進党の公式アカウント(‏@MinshintoNews)は

熊本県で14日晩、最大震度7を観測する地震が発生したことを受け、民進党は21時半すぎ、被害状況などの情報収集などを行うため、枝野幸男幹事長らをメンバーとする緊急情報連絡室を設置しました。 http://www.minshin.jp/a/108868 #民進党

とツイートを行った。

これに対し、一般ユーザーから

東日本大震災時の自民党のような対応を望みます。

という返信が寄せられたのだが、民進党アカウントは
「それじゃあダメでしょうね」
と返信。

他のユーザーからの

何がだめなのでしょうか。東北大震災の時、野党だった自民は議員が個人で被災地に駆けつけ支援したり青森港すぐに開けて物資輸送船が行けるようにしたり裏ルートで米軍と話つけてたりしてましたが?民進党独自で出来ることないんですか?

という問いかけに対して
「未曾有の大災害の中、行政の手がゆき届かない中で、それは与野党なくどの党の議員もさまざまなチャンネルを駆使してやっていたことです。それを自分の党だけの手柄のように後から宣伝するようなことは慎まなければなりません。」
とツイート。

…………ひどい。 なんでそんなこと、安易にツイートできるのでしょう? 災害対応には与野党なく政府を支え支援すべきですし、実際当時の自公は国会論戦や政局を置いておいて、休戦して、様々協力してたと思いますの。

という返信に対しては
「多くの議員が与野党なく災害対応に協力した中で、一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です。」
と返していた。

また、

はあ?お前ら元民主が自民より後になってから災害対策本部を設営したのを忘れてねえぞ?

というツイートには
「当時の政権が民主党政権だったことをお忘れですか?」
と返信するなどしていたが、公式アカウントとも思えないようなこれら一連のツイートに批判が殺到。

数時間後、

担当者の私見の入った不適切なツィートを削除させていただきました。今後は公式な情報提供につとめてまいります。申し訳ありません。

とツイートし、前述の一連のツイートは削除した模様。

しかし、当然のようにまとめられて拡散されており、現在も厳しい批判を受けているようだ。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。