ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】外房のグルメキーワードは「旬の魚介」と「やったいよ」! ~名店巡礼 外房編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供している

お店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 外房編~

今回の巡礼先は「外房」を選びました。内房に続いて千葉県2回目です!

太平洋に面した外房エリアは、鰯で有名な銚子やはまぐりの名産地九十九里を擁する、おさかな天国。季節が春へと進む中で主役となる食材も移り変わる時期。

訪れたのは春の訪れが待ち遠しい2月某日。今なら、冬の魚と春の魚両方楽しめる!ということで、今回はテーマを「旬の魚介」に絞って、外房エリアのお魚の美味しいお店をリストアップ。こだわりの5軒が出揃いました。

1軒目:カントリーハウス 海辺里 逸品:どぶ汁仕立てあんこう鍋

タベアルキストの3人が車で向かった先は外房。

都内から高速道路を使い2時間程で辿りついた1軒目は、日本の夕陽・朝日・夜景100選の名所として知られている刑部岬にあります。

f:id:tabearukist:20160403210114j:plain

店の目の前から見下ろせば飯岡漁港が、さらにその先には九十九里浜の絶景が一望できます。

f:id:tabearukist:20160329113451j:plain

1軒目は、旬魚を存分に味わえるペンション併設の店「カントリーハウス 海辺里」

もちろん宿泊せずに、料理だけを楽しむこともできます。

ウリは、飯岡漁港から直接仕入れる新鮮で食べ応えがある旬魚料理と素晴しい景色。季節によっては、目の前の海で採れる天然の磯牡蠣も食べることができます。

f:id:tabearukist:20160329113456j:plain

こちらのあんこう鍋は、飯岡漁港で水揚げされた新鮮なあんこうを使用。

敷地内にはつるし切りできるスペースがあり、包丁1本で豪快にさばかれたあんこうの食感が異なる7つ道具(トモ(肝)、鰭、ヌノ(卵巣)、柳肉(身肉、ホホ肉)、水袋(胃)、鰓、皮)が、地元野菜とともに山盛りで提供されます。

f:id:tabearukist:20160329115030j:plain

なかでも今まで見たことのない量の生のあん肝は、鮮度の良さを感じることができる見事な色合い。

このあん肝をヘラで丁寧に刻みながら火を通してペースト状になるまで溶かし、鍋に他の具材を投入し煮立つまで数分待ちます。

f:id:tabearukist:20160404101837j:plainあんこう鍋どぶ汁仕立て 3,000円

できあがった鍋は、通常「ドブ汁」と呼ばれるもので、あんこうの本場と言われる茨城県の漁師達の食べ方から端を発しているスタイル。水を一切使わないのが特徴の鍋です。あん肝から出る肝油で汁がオレンジ色に濁り、その肝やあんこうから出る濃厚な旨みがこの鍋を作り上げています。

ホクホクの柳肉やプルプルの皮の異なる食感も楽しく、ひと口飲むと体の隅々まで温かさが広がっていくような滋味豊かなスープはクセになります。

そして〆の雑炊は、あんこうの旨味をたっぷり含んでおり、一口たりとも無駄にしたくないと思える内容でした。

お店情報

カントリーハウス 海辺里

住所:千葉県 旭市上永井1217

TEL:0479-57-3190

営業時間:11:00~19:00(ラストオーダー18:30)

休業日:月曜日

ウェブサイト:http ://tuberi.jp/

執筆者 :Masayuki Wakui

2軒目:観音食堂七兵衛 逸品:極上さば寿司

f:id:tabearukist:20160403204633j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。