ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボイド・ホルブルック、映画『ウルヴァリン』シリーズの最新作で悪役を演じる

The Variety Shutterstock Sundance Portrait Studio, Park City, Utah, America - 25 Jan 2016
ボイド・ホルブルックは、ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワートらと共に米20世紀FOXの映画『Wolverine 3(原題)』に重要な悪役として出演交渉中だ。

ホルブルックは ジャックマン演じるウルヴァリンを追跡する国際企業の警備責任者を演じるようだ。撮影は5月から始まる。デヴィッド・ジェームス・ケリーの脚本によりジェームズ・マンゴールドが監督を手掛ける。

ジャックマンは、映画『ウルヴァリン』シリーズの第3弾となる本作が、自身がウルヴァリンとして登場する最後の作品になるだろうと主張している。同作について、FOXは本作の米劇場公開を2017年3月3日に予定している。ウルヴァリンのミュータントとしての能力には、動物的な感覚や、ダメージを急速に回復できる力がある。

スチュワートは、X-MENの生みの親であるチャールズ・エグゼビア役として、再びシリーズに戻ってくる。

ギャヴィン・フッドが監督した映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は、映画『X-MEN』シリーズの4作目にあたり、2009年に全世界で3億7500万ドルの興行収入を記録した。また、その4年後にマンゴールドが監督した映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は、やはり全世界の興行収入で4億1500万ドルを売り上げた。

『X-MEN』の世界観を引き継ぐ6作目となった『ウルヴァリン:SAMURAI』に続き、映画『X-MEN:フューチャー&パスト』、映画『デッドプール』が公開され、5月27日には映画『X-MEN:アポカリプス』が米国で劇場公開される。『Wolverine 3(原題)』は、『X-MEN』シリーズの10作目の作品となる。

ホルブルックは、実在した麻薬王パブロ・エスコバルと麻薬取締局捜査官の戦いを描いたNetflixのドラマ『ナルコス』(全10話)に出演した。その他に、映画『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』、映画『少女が大人に変わる夏』、映画『ゴーン・ガール』、映画『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』などの作品に出演し、映画『The Free World(原題)』ではエリザベス・モスの相手役を演じている。

ホルブルックはCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、モリス・ヨーンと代理人契約を結んでいる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。