ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】青鬼がにぎる!?こだわりの羽釜炊飯、滋味あふれるおにぎり専門店【青おにぎり】

f:id:mesitsu_la:20160314124940j:plain

どうもこんにちは、メシ通レポーターmamitaです。突然ですが、みなさんは「おにぎりの思い出」ってありますか?運動会、遠足、部活の試合……。

イベントの思い出だけではなく「お母さんのおにぎりは三角じゃなくて俵型だった」「具はシャケが一番好き」「パリパリの海苔より時間が経ってしっとりした方が好み」などなど、きっと人それぞれ、おにぎりに対する想いがあるのではないでしょうか。

手作りおにぎり専門店「青おにぎり」

f:id:mesitsu_la:20160314124931j:plain

京都市左京区、銀閣寺にほど近いエリアの住宅街にお店を構える「青おにぎり」は手作りおにぎり専門店です。なんだかレトロで味のある外観のお店。ちなみに、向かいの白川沿いにはカカシが鎮座しているので、それを目印にしましょう。

f:id:mesitsu_la:20160314124932j:plain

軒先にはリアカーが。以前は店舗営業と並行してリアカーでの販売も行っていたそうです。現在はイベント時など、不定期でリアカー販売をしているそうです。

f:id:mesitsu_la:20160314124939j:plain

出迎えてくれたちょっと強面の店主、青松さん。

青おにぎりでは、鉄の羽釜で炊いたご飯を、注文が入ってから目の前で握ってくださいます。最近は駅などでおにぎり専門店を見かけることはありますが、青おにぎりは作りおきではなく、握りたてホヤホヤをお店の中でいただけるんです。

f:id:mesitsu_la:20160314124929j:plain

お寿司屋さんのようなカウンターのお席。

f:id:mesitsu_la:20160314124933j:plain

こちらがメニューです。さてさて、何にしようかな……いっぱいあって迷ってしまいます。定番のしゃけ、うめ、昆布。気になるのは青鬼の爪と赤鬼の身……クリームチーズって珍しいですね。

「オススメは何ですか?」とうかがうと「お客さんの好みになるんですが……やっぱり定番のしゃけとかうめとか昆布がよく出ますね。あと他店ではあまりないものを食べて行かれる方も多いです」

うむむむ、じゃあ、ひとつは定番の「しゃけ」! もうひとつは「青鬼の爪」でお願いします!

f:id:mesitsu_la:20160314124934j:plain f:id:mesitsu_la:20160314124935j:plain

カウンター越しに注文すると、目の前で青松さんが握ってくださいます。いや〜、惚れ惚れする手さばき。

f:id:mesitsu_la:20160314124936j:plain

はい! できました!

f:id:mesitsu_la:20160314124937j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。