ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリッコ】昼は牛かつカレー、夜は立ち飲み。どっちも1千円札でとことんハッピーになれる池袋「五坪。」

f:id:Meshi2_Writer:20160115122405j:plain

すぐ行った、うますぎた、牛かつカレー

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。

先日、とある用事で妻と池袋へでかけ、さて用も済んだのでお昼でも食べるか、と街をうろうろしておりました。

「何食べようか?」

「最近『牛かつ』の店ができて、すごい人気みたいだよ」

「あ、いいかも~」

なんて会話をしながら歩いていると、妻が道端にこんな看板を発見。

f:id:Meshi2_Writer:20160115122511j:plain

ん、牛かつ! ……カレー?

話していたお店からは少し距離があるし、そもそも「牛かつ“カレー”専門店」とあるから違うお店のようです。

こんな看板を見たのは初めてなので、比較的新しいお店なのかな? 話題が出た時点ですでに口は「牛かつモード」になっており、さらに僕の一番の好物である「カレー」まで合わさってしまっているという。こんな気になるお店、行ってみないわけにはいかないでしょう!

というわけで、

f:id:Meshi2_Writer:20160115122559j:plain

すぐ行った

そしたら、

f:id:Meshi2_Writer:20160115122645j:plain

うますぎた

そう、うますぎたんです! バカでっかい皿にたっぷりのサフランライスとカレーソース。これがヨーロピアン、つまり僕の大好きな「もったり系欧風カレー」で、味に深みがあって、甘味、辛味、酸味のバランスもバッチリ。生クリームと粉チーズがさらなるコクをプラスし、もう最高に大好きすぎるカレーだったんです!

経営者は話題店「カレーは飲み物」「壬生」のオーナー

そしてもちろん、気になるのはコイツの存在ですよね。

f:id:Meshi2_Writer:20160115122609j:plain

牛かつ!

見ての通りのビッグサイズで、看板に「30秒アゲ」とあった通り、レアーな仕上がり。しかも肉はこだわりのサーロイン! 満を持して一切れ口へと運ぶと、香ばしい熱々の衣がサクッと割れた瞬間、とろけるように柔らか〜い肉から旨味がジュワッと溢れ出て、僕の知る限り最上級の幸福感が一気に押し寄せてきました!

う、うますぎる! 何度も言うけど、うますぎる~!

しかもこの牛かつ、カレーソースに付かないよう絶妙な位置に配置されてまして、別添えの、

f:id:Meshi2_Writer:20160115122710j:plain

ワサビ醤油&特製ソース

で頂くこともできるんです! 肉本来のうまさをストレートに堪能したいならワサビ醤油。独自にブレンドされた特製ソースは、牛かつに付けてカレーのかかっていない部分のご飯と一緒に食べると進む進む!

さらに、こんな美味しい肉に対してだと背徳感すら感じてしまいますが、味の強いカレーソースにドボッとひたし、そのままご飯と一緒にかっこむと、ま~たまりません!

「こりゃ最強のカツカレーだ~!」「あ、でもワサビ醤油が一番好きかも……」「いやいや、ソースカツとご飯の相性も捨てがたい」なんて大騒ぎしながら(心の中で)、一心不乱に食べきってしまいました。

し、幸せだった……。こんな幸せが、上の写真を見返して数えて見た限りでも13切れ分も味わえるなんて……。

しかもこの「ヨーロピアン牛かつカレー」、自家製のコールスローサラダも付いて、お値段なんと980円! そりゃ普段食べているランチから考えたら少々お高いですが、牛かつ単品、もしくはカレーのみの価格といわれても全然納得できるレベルの逸品ですよ。それが1,000円でお釣りまで返ってきてしまうなんて……。

は~、久々に凄まじい満足感を味わえるお店と出会えました。ちなみに「ダブル牛かつカレー(1,290円)」「トリプル牛かつカレー(1,590円)」なんて悪魔的なメニューも存在し、僕はシングルで200%大満足しましたが、胃袋に自信のある方は挑戦してみてもいいでしょう。っていうか、ダブル、トリプル、輪をかけて安すぎますよね……。

その後、半分中毒のようになってしまって何度か通い、店主の渡辺さんにお話を伺ううちに判明したことがあります。まず、こちらのお店は、同じく池袋の大人気店「カレーは飲み物」や、「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」のキャッチコピーでおなじみの蕎麦屋「壬生」などを経営するオーナーが、新しく2015年8月にオープンしたお店だということ。なるほど、こんなにもクオリティーが高く、かつリーズナブルなメニューを提供できる秘密はそこにあったんですね。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。