ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綾野ましろ、東京ワンマンでシークレットゲスト・玉置成実と共演

綾野ましろ、東京ワンマンでシークレットゲスト・玉置成実と共演

綾野ましろが、4月9日東京・日本橋三井ホールにて、東京では2度目となるワンマンライブをおこない、シークレットゲスト玉置成実と共演を果たした。

綾野ましろがワンマンライブをおこなうのは昨年11月の初ワンマン公演以来半年ぶり。前回同様にチケットは即日完売し本番前から期待値の高さをうかがわせた。オープンすると会場は一気に熱をおび、まもなくライブスタート。プレ・デビューソングであり今年1月にリリースしたコンセプトアルバム「early days」の冒頭を飾る「Wingless Diver」からスタートし、シングル曲やこの日初パフォーマンスとなった「RAY OF LIGHT」、そしてこの日ラストを飾ったデビュー曲「ideal white」まで全12曲を全力で駆け抜けた。2度目のワンマンとは感じさせない小さな体から放たれる透明感ある歌声と会場全体を巻き込んでいくパフォーマンス、キャラクターを存分にかもしだすMCで、綾野ましろと会場いっぱいに入ったオーディエンスで強い一体感を作りあげた。

アンコールでは綾野ましろが登場しあいさつ、バンドメンバー呼び込んだあと、「今日はスペシャルメンバーに来ていただいています!!」とシークレットゲストの玉置成実を呼び込んだ。綾野ましろにとって玉置成実の存在は、自身が地元洞爺湖で住んでいたころ初めて買ったCDが玉置成実の1st single「Believe」だったという大切な存在。いつか一緒に歌ってみたいという気持ちを持ち続けていたことから、今回オファーし快諾いただき共演の運びとなった。シークレットゲストということで玉置が登場すると大歓声があがり、玉置成実「Reason」と綾野ましろ「ハーフムーンフラワー」をパフォーマンス。アナウンスされていなかった玉置成実の登場と共演に、この日最高潮の盛り上がりを見せた。

そして、バースデーとなる来たる4月23日には地元北海道札幌にてワンマンライブを控えている。

綾野ましろ One-man Live 2016〜growing wing〜4月9日(土)東京公演
セットリスト

M-1「Wingless Diver」
M-2「focus light」
M-3「vanilla sky」
M-4「TURN TO YOU」
M-5「刹那クロニクル」
M-6「燐光」
M-7「re:rain」
M-8「RAY OF LIGHT」
M-9「春想の街」
M-10「Believe」(玉置成実カバー)
M-11「infinity beyond」
M-12「ideal white」
En-1「Reason」with 玉置成実(玉置成実カバー)
En-2「ハーフムーンフラワー」 with 玉置成実
En-3「pledge of stars」

関連リンク

綾野ましろ オフィシャルサイトhttp://www.ayanomashiro.com
綾野ましろ オフィシャルファンサイト「Mashirontier(マシロンティア)」http://mashirontier.com/
綾野ましろ twitter@ma_shi_ron
綾野ましろ Facebookhttp://www.facebook.com/ayanomashiro

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy