ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フランスのお土産】食べ終わった後はインテリアの飾りに! キュートな缶詰

地域ごとにさまざまな表情のあるフランス。ご当地グルメと並び、ご当地土産も充実しています。フランス国内を旅していて気付いたのが、デザイン性の高い缶詰が多いこと! 

【仏マルセイユのご当地土産】食べた終わった後はインテリアの飾りに! キュートな缶詰
(C) sweetsholic

缶詰を初めて考案したのは、フランス革命の時代に生きたナポレオンだそうで「戦地でも美味しくて栄養のあるものが食べたい」というグルメな発想から。フランス全土に美味しい缶詰が多いことにも納得ですね。

今回は国際色豊かな南仏の湾岸都市マルセイユで見つけた、オイルサーディンのご当地土産「Les Belles de Marseille」をご紹介しましょう。

キュートなデザインと地元ならではのフレーバー

地中海で捕れる新鮮な魚介を使った料理に定評のあるマルセイユ。イワシもマルセイユ名物のひとつです。「Les Belles de Marseille」のオイルサーディンは、身はふっくらしていてコクがあり、そのままでもお酒のお供になりそうな缶詰。サーディーンのフレーバーも、プロバンス地方を代表するエクストラバージン・オリーブオイルや、アニス風味のマルセイユご当地飲料「パスティス」などが揃います。

【仏マルセイユのご当地土産】食べた終わった後はインテリアの飾りに! キュートな缶詰
(C) sweetsholic

缶にはそれぞれマルセイユならではのデザインが施されており、パスティスを飲みながらカードゲームに興じる男性たちの姿、フランス南部を発祥とするスポーツ「ペタンク」を楽しむ様子、市内の旧港で買い物をしている女性を描いたものなど、とても文化的。

マルセイユの人たちは話を誇張するのが得意!?

筆者は現在フランス南西部で暮らしているのですが、南部の人たちは独特のアクセントや方言があるようです。マルセイユは特にその傾向が強いだけでなく、地元の人たちの間では「声も大きければ、話も大げさ」なのだそう。

そんなマルセイユ気質を代表するのが「C’est la sardine qui a bouché le port de Marseille」という18世紀から伝わるジョークです。翻訳すると「マルセイユの旧港を塞ぐほど大きなサーディーン(イワシ)を捕まえた」となりますが、背景にはこのような歴史がありました。

【仏マルセイユのご当地土産】食べた終わった後はインテリアの飾りに! キュートな缶詰
(C) sweetsholic

時は1780年、イギリス軍から逃れたフランス人指揮官。彼は「Sartine(サーティン)」という巨大な船に乗り、地中海を目指しました。長い旅路の末、たどり着いたのがマルセイユの旧港だったそうです。さて、もうお分りですね! このジョークは魚の「サーディーン」と、船の「サーティーン」をかけたものです。

食事や観光と同じぐらい楽しい、旅先でのお土産選び。この春も、現地ならではの素敵な雑貨や美味しいモノを探す旅に出かけたいですね。

[The Can Manufactureres Institute of Japan]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy