ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【栗城史多×野口健 対談】「職業・登山家」僕らが山に挑み続ける、大きな理由

kuriki_noguchi_eye

自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に挑むかたわら、清掃登山や環境学校の開校など多岐に渡って活動するアルピニスト野口健氏。この対談はきっと、物事の新しい見方を紐解く鍵となるはず。本コンテンツは栗城氏のメールマガジンより引用したものです。

kuriki_noguchi

 

kuriki_pro

栗城史多/Nobukazu Kuriki

1982年北海道生まれ。大学山岳部で登山を始め、これまでに6大陸の最高峰を登り、8000m峰4座を単独・無酸素登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山をスタート。2012年、重度の凍傷により手の指9本を失うも、2014年にブロードピーク(8047m)登頂で復帰を果たす。2015年秋には、5回目となるエベレスト登頂を目指す。

noguchi_pro

野口健/Ken Noguchi

1973年アメリカ生まれ。高校時代、植村直己氏の著書に感銘を受け、登山を始める。1999年エベレスト登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。2000年からは、エベレストや富士山での清掃活動を開始。全国の小中学生を主に対象とした「野口健・環境学校」を開講するなど、積極的に環境問題への取り組みを行っている。

Man hiking in mountains Himalayas, Nepal

「やりたい」と「やる」は
まったくの別物

kuriki_icon2

栗城 健さんに初めてお会いしたのは、今から10年ほど前ですね。こんな風に人前で対談できるとは、夢にも思っていなかったです。今日は本当にありがとうございます!

noguchi_icon

野口 いえいえ、こちらこそ。僕のところには「七大陸最高峰を制覇したいんです」とか、いろんな人が相談しに来るのね。その中でも、栗城さんは印象的だったんだよ。

kuriki_icon2

栗城 どんなところがですか?

noguchi_icon

野口 「やりたい」ってことと、実際に「やる」ってことは違うじゃないですか?「やりたい」って思うことは簡単だけど、現実的にどう実現させるかって考えるのは難しい。
だいだい「やりたい、やりたい」って言ってても「こいつはやらないだろうな」って人がほとんど。夢を語るのは簡単だけど、「その夢をどう実現させるか」って考えることはハードルの高さが全然違うんです。でも栗城さんの場合、「きっとやるな」って印象だった。

kuriki_icon2

栗城 そうだったんですか。ありがとうございます。野口さんには「秋のエベレストに登りたいんです」って相談したこともありましたね。そうしたら、「99%無理だから!」ってボロクソ言われた(笑)

noguchi_icon

野口 登ってないじゃん、実際に(笑)

1 2 3 4 5次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。