ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花嫁のブライダルネイルにも人気♪白×薔薇のネイルシール

ホワイトローズはブライダルにもぴったりのモチーフ!

ホワイトローズはブライダルにもぴったりのモチーフ!

今回は“白”について書きたいと思います。
私にとってネイルアートで白というと、薔薇が一番に思い浮かびます。今まで何千というホワイトローズを描いてきましたから。
“白”も“薔薇”もオーソドックスながら、他が代わることのできない普遍的なモチーフなんだと思います。
白は清楚で気品を感じさせますが、実は地上のどの色よりも明るく、華やかな色です。
その上、どんな色とも調和するので、万人に愛されるのも当然のように思えます。
光を集めたような色だからこそ、光輝いている花嫁に寄り添うことができるのでしょう。「愛」や「美」などを象徴する薔薇もまた同様で、ホワイトローズはブライダルネイルにもぴったりです。

 

白が引き立つベースカラーとは?

白が引き立つベースカラーとは?

白の画用紙に白の絵具で描いても同化してしまうように、白を表現するには“地”の色を必要とします。
純白のドレスも、花嫁の輝く素肌とのコントラストがあることで、お互いを引き立てますよね。ベースの色があるからこそ、白は光たり得るわけです。
ブライダルなどの白が主役のネイルの場合、ベースカラーはクリアや、ベージュ、優しいピンクなど控え目にするのがおすすめです。
エアブラシで白を単色で噴く場合、ベースが透けることが前提になります。光と影、絵と地がどんな陰影を生むのかを想定しながら噴いていきます。白は繊細なグラデーションを作りますが、1色ですべてを表現するので色を多く使うよりも難しいかもしれませんね。

 

繊細なグラデーションをシールで表現するには

繊細なグラデーションをシールで表現するには

「使い慣れたエアブラシと筆でデザインするのだから、シールを作るのも簡単でしょ」とよく言われますし、ごもっともなのですが、実際にはそう簡単にはいきません。
手描きアートをそのまま再現するとはいえ、絵具で描いたものを”印刷”で表現するわけです。印刷というのはドットの集合体なので、いつものように噴くと白が潰れてしまい、グラデーションが生まれません。
ですから少量の絵具で緩やかなグラデーションで表現します。とはいえ緩やか過ぎてもだめなんです。手描きの場合、絵具の僅かな厚みも奥行を作る手助けをしてくれるのですが、シールの場合はメリハリを出さないと平面的になってしまう。この加減がとても難しいんです。
それでも、仕上がりをイメージしながら噴くことで、シールとはいえども、それぞれのモチーフに合わせたニュアンスのグラデーションを表現できるのが、醍醐味だと思っています。

 

白×薔薇のシールはベースカラーを変えて印象もチェンジ!

白×薔薇のシールはベースカラーを変えて印象もチェンジ!

Re-cueの“クリスタルシリーズ”は、リリースした当時、印刷の限界と言われていたエアブラシさながらの透け感とグラデーションに、かなりインパクトを与えました。多くの方にリピート頂いているのを見るにつけ、やはり“白”、中でも“薔薇”のモチーフは、愛されているのを実感しています。
クリスタルシリーズのモチーフたちは、ベースカラーとのコントラストで表情を変えていきます。
TPOや気分、季節などに合わせて、クリア、ピンク、黒や赤など、色々なアレンジを楽しんでいただけたらと思います。

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。