ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隠れベストセラー『暗渠マニアック!』著者と行く、東京暗渠飲み【渋谷編】

f:id:Meshi2_Writer:20151125103245j:plain

暗渠(あんきょ)、知っていますか?

この1~2年ほど目にすることが増えた「暗渠」という言葉。

私は当初、どう読むのかさえも分かりませんでした。

【渠】[音]キョ(漢) [訓]みぞ

こんな字が日本語にあるんだなあ……!

しばらくは読めないままに放っておいたんですが、

定期的にツイッターやらSNSに出てくると、やっぱり知りたくなるもの。

辞書を引いてみれば、

【暗渠】覆いをしたり地下に設けたりして、外から見えないようになっている水路

と、ありました。

要するに

「昔、川や水路があり、現在はフタをして見えなくしてある場所」という意味。

うーん……それで?

それの何がおもしろいのだろう……?

はてな。

言葉の意味がわかっても、トピックになる理由が分からないまま過ごしていましたが、そうこうするうち一冊の本が話題に。

それがトップ画像の『暗渠マニアック!』(柏書房)です。

オビには「暗渠を知ると“街の見え方”が変わる」の文字が。

ふーむ。

さっそく読んでみたんですが、結論からいって…

とっても、おもしろかったんです!!

どうおもしろく感じたかっていうと、

東京をみる目が、ホントにかなり変わりました!

日常的にみていたものが変容していく驚き。

東京って、こんなに川や水路があったんだなあ……!

そして著者のブログを見てみると、

各地の暗渠を訪ねては「都市のいまむかし」を感じつつ、

その近所で飲み食いを楽しまれている模様がアップされていたのです。

それこそが、暗渠飲み。

うーむ。

これもひとつの食の楽しみ方のひとつでは?

これは取材したいぞ。

『暗渠マニアック!』はおふたりの著者による共作。

髙山英男(たかやま・ひでお)さんと吉村生(よしむら・なま)さん、

暗渠のたのしみと暗渠飲みについて、具体的に教えてくれませんかー?

『暗渠マニアック!』著者のおふたりと、いざ出発

このへんで読み方忘れたひとも出てきそうですね。

確認のため、もう一度。暗渠(あんきょ)ですよ。アンキョ。

f:id:Meshi2_IB:20160217103547j:plain

ちょうど暗渠探索中だったおふたり。

左側が高山さん、右が吉村さん(顔出しはご都合上NGとのことなので、ご了承ください)。きょうは渋谷の暗渠を散歩中でした。

渋谷といえば今や世界的に有名な街。

あの街のにも暗渠、すなわち「覆いをしたり地下に設けたりして、外から見えないようになっている水路」があるのでしょうか?

まずは実際に体験してもらったほうがいいと思うので、渋谷の暗渠を一緒にまわってみましょう! スタートは宮益坂下、ビックカメラの東口店の前から、渋谷駅方面に行きますよ。(高山さん)

f:id:Meshi2_Writer:20151125111422j:plain

高山さん「すぐに自転車置き場が右手に見えてきます。この奥に看板があるので、よーく見てください」

f:id:Meshi2_Writer:20151125111334j:plain

「なんて書いてあります?」

「え? 渋谷川遊歩道…しぶやがわ、ゆうほどう、ですね」

「そう、つまりここはもともと、川だったんです」

それでは、もう一度見てみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20151125111422j:plain

イマジン。 想像してみてください。

ここが昔は、川。

そう言われてみれば、道路のゆるやかなカーブがちょっと川っぽいかも……?

f:id:Meshi2_IB:20160217102801j:plain

先の地点から1分ほど歩いて、渋谷西武デパートのA館とB館の間へ。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy