ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】あの「マンガ肉」が二次元に降臨!? 学生御用達のお店でジューシーな肉に喰らいつけ!

f:id:mesitsu_la:20160314124841j:plain

メシ通読者の皆さんは「マンガ肉」をご存知ですか? マンガ肉とは、一本の太い骨にどーんと巨大なお肉がまとわりついたアレです。主にマンガやアニメによく出てくるお肉であることから、通称「マンガ肉」と呼ばれています。

ワタクシ、メシ通レポーター川上が「マンガ肉」と聞いて思い出すのは、やっぱりあの某海賊マンガでしょうか。直火で焼かれたあの肉をキャラクターたちが頬張っているシーンは、なんとも食欲をそそります。

だけど、マンガやアニメは架空の世界。いくらマンガ肉が美味しそうでも、現実の世界では食べられることはできないよね……。

と、諦めかけたそのとき。

なんと、京都のとある飲食店でマンガ肉が実在するという情報をキャッチしました! これは! 行ってみるしかないでしょう!

f:id:mesitsu_la:20160314203552j:plain

ということで降り立ったのは、京都市バスの「飛鳥井町」停留所。お店の場所は、京都市左京区の元田中エリアにあります。

最寄り駅は叡山電鉄「元田中駅」。観光で京都に来た方は市バスの方が行きやすいかもしれません。3、31、65、206番に乗って「飛鳥井町」で下車しましょう。

f:id:mesitsu_la:20160314203615j:plain

バス停から北に向かってすぐ右にある路地を曲がると、目的のお店が見えてきました!

f:id:mesitsu_la:20160314203646j:plain

2001年にオープンした「暖包食堂 ヤンパオ」です。オレンジの灯りに照らされたワラ屋根が独特のエキゾチックな雰囲気をかもしだしています。

今回の取材に同行してもらったカメラマンは、ここから歩いて約10分のところにある京都大学の卒業生。入店前から「わーヤンパオだー!なつかしー!」とテンションMAX。カメラマンいわく「京大の部活・サークルに入っていると、頻繁に『ヤンパオ行こう!』って話になるんよね~」。カメラマンのように、多くの京大生ゆかりの思い出の地なのですね。

f:id:mesitsu_la:20160314203634j:plain

店頭の看板にはデカデカと「マンガ肉やってます!」の文字が。

f:id:mesitsu_la:20160314205420j:plain

開店直後にも関わらず、お客さんがたくさん!人気店であることがうかがえます!

f:id:mesitsu_la:20160314212457j:plain

店内の壁には、サークルの勧誘など近くの大学に関連したチラシがたくさん貼ってあります。常連の学生さんが「これ貼ってください~!」とチラシを持ってお店にやって来るんだろうな。自分の大学の近くにこんなお店があるっていいですね~。

f:id:mesitsu_la:20160314212551j:plain

マンガ肉は調理に時間が必要とのことだったので、他のお料理もいただきました。学生がたくさん来店されるということで、メインは定食。多くのメニューの中から、人気No.1、カメラマンも「ヤンパオに来たらコレ!」という、「豚のオレンジジンジャー定食」をオーダーしました。

f:id:mesitsu_la:20160314212626j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy