ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレス社会の改善にも役立つ!? 2週間で38万の『宇宙バイト』

ストレス社会の改善にも役立つ!? 2週間で38万の『宇宙バイト』

今年2月、JAXAは一般の男性8人を2週間、閉鎖環境に置く試験を行いました。昨年12月の募集時には「宇宙バイト」と注目され大きな話題になりましたよね。勿論応募が殺到したそうです。

一般には「2週間閉じ込められる」としか認識されていなかったようですが、実はこれ、私たちの生活にも役立つ実験なのです。

【関連:宇宙だけじゃないJAXA。JAXA調布航空宇宙センター公開】
JAXA筑波宇宙センターの閉鎖環境試験設備

JAXA筑波宇宙センターの閉鎖環境試験設備

JAXAが行ったこの試験、正式には「宇宙飛行士の精神心理健康状態評価手法の高度化を目指す有人閉鎖環境滞在研究」といいます。JAXAだけでなく、筑波大学や東京大学なども参加した共同研究です。

外界と隔絶された環境(閉鎖環境)に長期間滞在する宇宙飛行士は、環境要因や、分単位のスケジュールで次々行われる各種実験など、様々なストレスにさらされます。これについて、現在は2週間に1度くらいの頻度で実施されている、精神医学・心理学の専門家によるビデオ面談でしか、宇宙飛行士にかかるストレスを判断するしかありません。ビデオ面談ということは通信に使うデータ量が大きく、時間的な制約もあって詳しく踏み込むことが難しい場面もあります。

現在JAXAは、宇宙飛行士にかかるストレスを探る為、同様な閉鎖環境である海上自衛隊の潜水艦を担当する医官(潜水医官)や、深海に潜る有人潜水調査船「しんかい6500」を運用している海洋研究開発機構(JAMSTEC)の医師らと情報交換しています。また、JAXAの宇宙医学研究チームには、同じく閉鎖環境で長期間滞在する、南極越冬隊の医師を務めた人物も在籍しています。

軌道上で得られるデータが少ない為、帰還した宇宙飛行士の経験談と合わせ、似通った閉鎖環境の経験を持ち寄って、宇宙飛行士にかかるストレス対策を立てている訳です。それでも、宇宙という環境は特殊です。もっと独自のデータが必要です。

そこで、ビデオ面談だけでなく、他にストレスを客観的に評価できる指標はないか、それを見つけるというのが、この研究の目的です。理想は採血など、肉体的な負担を伴わず、宇宙飛行士自身がリアルタイムで評価することができるもの。その第1回実験が、2月に実施された実験だったのです。

2016年度には、3回の実験が予定されています。被験者(20歳〜55歳の健康な男性)はその都度、医学ボランティア会(JCVN)を通じて募集されます。2週間の閉鎖環境試験のほか、事前の状態チェックと試験後の回復状況のチェックの為、筑波宇宙センターに4回通所します。協力費は各回とも、38万円。

簡単に精神的ストレスの状況が把握できる指標というのは、実は宇宙飛行士の為だけではありません。このノウハウが確立すれば、一般の企業や学校などでも応用が利きます。現在、職場や学校のストレス評価も、個人面談や上司の印象評価が主体で、面談を受けた人が正直に話しているのか、上司が的確に把握しているのか、という点で疑問の残る手法です。また、面談に行くというのも結構ハードルが高く、カウンセラーなど専門職を在籍させているのも、ごく一部の大企業に過ぎません。

それが、簡単にストレス状態を客観的に評価できる指標が見つかり、検査手法が実用化されれば、どこでも精神的な健康管理が容易にできるようになります。なにしろ、制約の多い宇宙で、宇宙飛行士がリアルタイムに評価可能なものですから。

この研究・実験は、宇宙だけでなく、私たちの生活にも非常に役に立つものなのです。

(文:咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

芸能界女子サバゲー部の対抗戦に潜入!吉本女芸人VS声優
【レッドブル・エアレース2016】波乱の開幕戦。2人のフランス人が表彰台に
【レッドブル・エアレース】室屋義秀選手単独インタビュー、2016年シーズンの抱負を聞いてみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。