ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飛鳥がぬいた!!元文春編集長の泥沼解任騒動


月刊WiLL(マンスリーウイル)
Fujisan.co.jpより

『月刊WiLL』(ワック・マガジンズ)が2016年3月に編集方針の違いを理由に、編集長花田紀凱氏を解任。それを受けて編集部全員(5人)とDTP担当者がそろって飛鳥新社に“電撃移籍”した。

電撃移籍した花田紀凱氏以下、編集部スタッフは飛鳥新社にて『月刊HANADA』を新創刊し、一方、ワック・マガジン社では、同社の隔月刊歴史雑誌『歴史通』の編集長の立林昭彦を新編集長とし、引き続き『月刊WiLL』の発行にあたるとしている。

スクリーンショット

飛鳥新社HPより

 

この電撃騒動。双方の言分がバトル化しWEBで話題になっている。

そもそも『月刊WiLL』の編集部がまるごと移籍すること自体、かなり穏やかではないが、ワック・マガジン側は、その移籍に対し3月23日のWEB月刊『WiLL』“読者の皆様へ”にて「辣腕編集者だけによきライバルとして送り出したいと思います」と、長年の花田編集長の『月刊WiLL』への尽力をねぎらっていた。

スクリーンショット

WAC HPより

 

しかし3月28日のWEBの“お知らせ”で、弊社取締役花田紀凱氏の解任の理由が“十全には理解できない”と株主の質問に答える形で、花田氏の移籍には会社の経営方針に従わない業務命令違反があったとしている。

 

ワック・マガジン側は、花田氏が、編集部全員を飛鳥新社に移籍させ”New WiLL” なる名称で創刊させるために勧誘。さらに花田氏の際限のない増ページにより、年間約三千万円以上の損失があったこと、また、AV監督の人生相談、爆笑問題の対談など、本来『WiLL』にそぐわない記事が増え、編集方針が合わなくなっていたことなどを挙げている。

 

それ以外にも、花田氏の編集費私的流用ともとれるような記述や、社業をおろそかにしていたことなども挙げ、世間で「単純な夫婦の痴話げんかのように書かれていることに対し、噂が肥大するだけ」だとし、今回、花田氏の解任理由を公にしたとしている。

 

『月刊WiLL』は2004年11月に創刊。元『週刊文春』編集長・花田紀凱氏が編集担当し、週刊文春よりもさらに大きく保守的な路線とされている。取り上げるテーマは、政治、経済からスポーツ、芸能まで多岐にわたり、最近は左派よりの記事が目立つといわれていた。

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。