ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑張って立ち止まる“積極的逃避”という考え方に岡田准一も唸る!

J–WAVE日曜深夜の番組「GROWING REED」(ナビゲーター:岡田准一)。4月3日のオンエアでは、煎茶道美風流 四世家元の中谷美風さんに“文人趣味”や“積極的逃避”について話をうかがいました。

中谷さんは中国明代の文人趣味に憧れ、江戸末期から明治初期までの、自由な煎茶世界を具現化し、その中で現代の暮らしに活かすことのできる“文人趣味的煎茶道”を目指しています。

中谷さんのもとには、たくさんの人々が訪れるそうで、なかにはサラリーマンの方も。「僕の一番のキーワードは“積極的逃避”。逃げるということは良いことなんです。なぜかというと『逃げる』ということは、元の居場所も、逃げる場所も分かっているから逃げることができる。積極的に逃げることで、本当の自分を見つめ直すことができます。たとえば、森に逃げたとします。自然のリズムは太古から変わっていません。一方、社会はリズムが不安定。僕は奈良の山の中に住んでいますが、森も変化しています。そこに生きているシカたちは森の変化に寄り添うように生きています。先に進もうともせず、戻ろうともしません。そういう姿を目の当たりにすると、『人間は何をやっているんだ』と思ってしまうんです」(中谷さん)

シカは、秋が深まるとメスの奪い合いをはじめます。ルックスも良く、ハーレムを作るオスのシカと、ハーレムを作れないシカに分かれます。特に老いたシカはハーレムを作れません。群れを作れず、一頭だけになったシカは雪が降ろうとも、じっと春がくるのを待つといいます。それは春がくることを知っているからなんだそうです。まさに森に身を委ねているのです。

「森の生き物たちは身を委ねて淡々と暮らしています。それに比べて人間は少しでも早く春を得ようとします。オスのシカの振る舞いを見たときに、僕はこうして生きようと思ったんです。無駄な争いをしたところで寿命を縮めてしまいます。シカのように何もせずにじっと待つと、早く春を得ることはできないかわりに、確実に春を手に入れることができます。このように、自ら前に進むのではなく、頑張って立ち止まるのが“積極的逃避”です」(中谷さん)

真っ暗な中で光を探そうと慌てると道に迷ってしまいますが、じっとしているといつか夜が明けます。そのような考え方が“文人趣味”だと中谷さん。ちなみに、中谷さんは悩みがあっても人に相談せずに、古典を読むそうです。悩みの内容は太古の時代から概ね変わらないもので、古典にすべて答えが書いてあるとのこと。それは普遍なものであるため、何かに迷ったら、古典を読んでみるといいとアドバイスしてくださいました。

【関連サイト】

「GROWING REED」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。