ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンの力で『ひなビタ♪』倉野川市と鳥取県倉吉市が姉妹都市に!舞台モデルと噂の場所をレッツ聖地巡礼!

ファンの力で『ひなビタ♪』倉野川市と鳥取県倉吉市が姉妹都市に!舞台モデルと噂の場所をレッツ聖地巡礼!

2016年4月1日。鳥取県倉吉市が、コナミデジタルエンタテインメントの運営するweb連動型音楽配信企画『ひなビタ♪』の舞台である架空の都市「倉野川市」と姉妹都市提携を発表しました。実在の自治体が架空の自治体と姉妹都市になるのは日本初。『ひなビタ♪』は、BEMANIシリーズにも楽曲が提供されているので、音ゲーマーにもお馴染みですね。

【関連:ゲームセンターの筐体にカッターの刃が仕込まれ怪我?ネットで注意喚起】
倉吉市と架空の倉野川市が姉妹都市に!(c)Konami Digital Entertainment

倉吉市と架空の倉野川市が姉妹都市に!(c)Konami Digital Entertainment

日付が日付だったので、エイプリルフール企画じゃないか……と思って問い合わせてみると「ガチです」とのこと。こりゃ行ってみるしかない!
ということで、やってきました倉吉市。
倉吉に来ましたよ!

倉吉に来ましたよ!

駅には『ひなビタ♪』の日向美ビタースイーツ♪のメンバーと日向美商店街のマスコットキャラ「ひなちくん」のキャラクターパネルが。ひなちくんのところに顔を入れて記念撮影もできます。
記念撮影できるキャラパネル

記念撮影できるキャラパネル

駅前は姉妹都市提携を祝うのぼりがずらり。ふおぉおおお……マジだ! マジだ!
のぼりが並んでます

のぼりが並んでます

倉吉市役所に到着。丹下健三の設計で1957(昭和32)年に完成し、同年の第9回日本建築学会作品賞を受賞した由緒正しい庁舎です。市庁舎としては、現存最古の丹下作品なんだとか。
倉吉市庁舎に来ました!

倉吉市庁舎に来ました!

発表会の会場へ。
会場はこちら

会場はこちら

まずは倉吉市の石田耕太郎市長による挨拶。姉妹都市提携に至る経緯が明らかにされました。
挨拶する石田耕太郎・倉吉市長

挨拶する石田耕太郎・倉吉市長

それによると、この姉妹都市提携のきっかけになったのは、ファンの力だったとのこと。
倉野川市のモデルについて、公式には言及されていないものの、公式Facebookに「倉野川市の風景」として掲載されるイラストが、ファンの間で「倉吉市に似てる……ってか、どう見ても倉吉じゃね?」と話題になりました。

例えば、こんな感じ。白壁の土蔵が建ち並ぶ風景。
白壁の土蔵群

白壁の土蔵群

銭湯は倉吉市の「大社湯」にそっくり。

お風呂屋さん (c)Konami Digital Entertainment

お風呂屋さん (c)Konami Digital Entertainment
倉吉の大社湯

倉吉の大社湯

参道の風景も、倉吉市にある「大蓮寺」の参道にそっくりです。

参道 (c)Konami Digital Entertainment
1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。