ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 44歳のオッサンも泣いた『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 ジェームズ・ボビン監督インタビュー
  • 映画レビュー:ひとつの憎しみが何を生み出し何を破壊するのか? 実在の暴動事件を描く『デトロイト』
  • 【動画】アニメ映画『ファインディング・ドリー』、両親を探すドリーの心温まる新トレーラーを公開
  • 「ドラクロワ」「フェルメール」「ゴッホ」 『猿の惑星』名画パロディが自宅に飾りたい完成度
  • 『スター・トレック BEYOND』ジャスティン・リン監督インタビュー「インディーズ映画に近い作り方をしている」
  • ホラー女優レイチェル・ニコルズ、主演最新作『インサイド』を語る 「テンションの高さと美しさが共存するホラー」
  • 幽霊は“いる”のか“いない”のか――心霊検証ホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』不穏なキービジュアル解禁[ホラー通信]
  • ティム・バートンのこだわりを展示「フランケンウィニーアート展」がビックロにて開催! 会場限定グッズも
  • 『It』『ゲット・アウト』に続く? 見逃せない“秋ホラー”ラインナップにご注目[ホラー通信]
  • 生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』キャスト・スタッフが“本気”がスゴいポイント3つ
  • 『ダンケルク』ってこんな話! クリストファー・ノーラン監督が語る戦争映画の新たな描き方
  • 続・ヒット中!『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー「初稿にパワーと説得力が無いとダメ」
  • 【テーマパークまとめ】今年の夏はどこに行く?  涼しくて最高に楽しめる『ジュラシック・ワールド』一択っしょ!
  • 「フランスではバナナバッグ、スペインでは腎臓バッグ……」ロック様が教える世界の”ウェストポーチ“講座!
  • それでもやっぱり耐えてほしい、「映画の耐えられない長さ」。
  • 映画『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)、「Dark Universe」の1本として2019年に公開へ

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スコットランド最大の都市グラスゴーの観光スポットTOP14

Photo credit: Mami Nakae「UK弾丸旅行!~6日間で5都市廻ってきました~」

Photo credit: Mami Nakae「UK弾丸旅行!~6日間で5都市廻ってきました~」

こんにちは! Compathy MagazineライターのMayumiです。
スコットランドの都市、グラスゴーはチャールズ・レニー・マッキントッシュの生まれ故郷であり、街中にはマッキントッシュがデザインしたものが多くあります。また、グラスゴーには美術館や博物館が多く、見所満載の観光スポットがたくさんあります。建築好きにはたまらない魅力的な建物も多く、建築物をめぐる観光もいいですよね。洗練された雰囲気に心が躍るグラスゴー、街歩きもおすすめです。
ロンドンから足を伸ばしてグラスゴーへ観光に訪れてみませんか?

グラスゴーとは?

ロンドンから飛行機で約1時間20分ほどで着くグラスゴーは、かつて貿易港として発展し、産業都市として栄えたスコットランド最大の都市です。
また、スチャールズ・レニー・マッキントッシュが生まれ故郷でもあり街中には彼のデザインした作品や建築などが溢れています。

かつてはロンドン、パリ、ベルリンについでヨーロッパで4番目に人口が多く、1960年代には100万人以上いたがその後区画編成などで減り続け、現在では580,690人(2007年)となっている。
英国国内ではロンドンとエディンバラについで3番目に観光客が多く、年間300万人ほどがこの街を訪れる。15世紀創立の名門グラスゴー大学を擁し、産業都市であるとともに、文化・芸術・若者の街として知られている。
英語で「ノルウェー人」や「ノルウェーの」といった形容詞が”Norwegian”であるように、グラスウィージャン (Glaswegian) といった言葉が用いられる。移民が多く、かつては工業の街であった背景も影響し、地元の人々の英語方言はスコットランド訛りの中でも特に難解とされている。
訛りが強いだけではなく、グラスウィージャンの方言も使用されている。なお、スコットランド・ゲール語はグラスゴーではほとんど使用されない。1990年にはEUの欧州文化都市に選ばれている。
出典:グラスゴー-Wikipedia

1. グラスゴー大聖堂

Photo credit: Ewa Nowak「Glasgow」

Photo credit: Ewa Nowak「Glasgow」

16世紀に起こった宗教改革の中、破壊を免れ現在も当時のままの形で残る大変貴重な大聖堂です。古く黒みを帯びた外観や館内の柱や天井のつくりには歴史を感じます。この大聖堂は地下にも聖堂があり、聖マンゴーの遺体が眠る棺があります。

グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)
住所:Castle St, Glasgow G4 0QZ
電話:+44 141 552 8198
料金:無料
開館時間:9:30〜17:30(日 13:00〜17:00)
HP:http://www.glasgowcathedral.org.uk

2. ジョージ・スクエア

Clydeside Routemaster in George Square by cessna152towser, on Flickr
“Clydeside Routemaster in George Square” (CC) by  cessna152towser 

グラスゴーの市内中心部にあるジョージ・スクエアは、市民が集う大きな広場でイベントの多くがこの場所で開催されます。偉人の銅像が多く、付近には観光案内所もあるのでこちらで情報収集しましょう。

ジョージ・スクエア(George Square)
住所:George St, Glasgow G2 1DU
電話:+44 141 287 8349

3. グラスゴー植物園

Glasgow Botanic Gardens by kohna, on Flickr
“Glasgow Botanic Gardens” (CC BY-SA 2.0) by  kohna 

グラスゴーにある植物園。市内の中心部に位置し人々の憩いの場所になっています。レンガ造りの正門をくぐると庭や温室があり、温室には食虫植物やベゴニアなど各部屋ごとに様々な種類の植物を見ることができます。無料で入れる植物園はなかなかないと思います。ぜひ行ってみてください!

グラスゴー植物園(Glasgow Botanic Gardens)
住所:730 Great Western Road Glasgow City of Glasgow G12 0UE
電話:+44 141 276 1614
開館時間:(庭)7:00〜夕暮れ(温室)10:00〜18:00 ※冬季は16:15まで
HP:http://www.glasgowbotanicgardens.com

4. 聖マンゴー宗教博物館

St Mungo Museum of Religious Life and Ar by amateur photography by michel, on Flickr
“St Mungo Museum of Religious Life and Ar” (CC) by  amateur photography by michel 

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。