ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抹茶ビールに抹茶ポテサラ!? 「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」で味わうレア美味お茶料理

f:id:Meshi2_Writer:20160114065007j:plain

みなさん、「お茶料理」と聞いて思い浮かぶのってどんなものですか? ほとんどの方は「お茶漬け」と「抹茶アイス」の2つのみですよね?(極論)

ところが我が国日本には、300年もの歴史を持つ、多彩で奥深いお茶料理という文化があるらしいのです。今回はそんなお茶料理に徹底的にこだわった専門店「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」で、絶品お茶料理の数々を堪能してきたいと思います! (一文で何回お茶って言ってるんだ……)

まずはウェルカム抹茶がお出迎え

お店の場所は東京・御茶ノ水。これ以上ふさわしい場所はないですよね。もともとは100年以上の歴史を持つ旅館であり、現在もホテルとして営業されている「龍名館」の1階にあり、開放的なテラス席と、

f:id:Meshi2_Writer:20160114064510j:plainこのような、

シックかつモダン、何をどう間違ったって上質な時間が過ごせるであろう空間からなっています。この時点でデートに最適!

昼間はカフェとして、丁寧に急須で入れられた日本茶を楽しむことができ、夜は、抹茶料理専門のレストランとなります。そのハイクラスな雰囲気に一瞬圧倒されてひるんでしまうかもしれませんが、リーズナブルな一品料理なども豊富で、軽くつまむも良し、じっくりコースで堪能するも良し、幅広い使い方ができるお店でもあるんです。

時間はディナータイム。席に着くとまず出てきたのは、

f:id:Meshi2_Writer:20160114064655j:plain

ウェルカム緑茶。

水出しの冷たい緑茶で、爽やかな香りにまず食欲が刺激されます。

テーブル上には、

f:id:Meshi2_Writer:20160114064716j:plain

お香代わりにお茶。

これがまたほんのりと良い香りで、気分も高まるんですよね。こんど家でも真似してみよっと。

f:id:Meshi2_Writer:20160114064757j:plain

箸置きだってお茶。

徹底してます。

ポテサラ、ビール、ソースに、梅酒まで全部抹茶!

それでは、今日はアラカルトで料理とお酒を楽しんでいきましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20160114064847j:plain

茶ぽてとサラダ(680円)

こちらの名物のひとつ。世に多種多様なポテトサラダはあれど、こんなに美しい緑色に輝く一皿は他にないんじゃないでしょうか? 気軽に「ポテサラ」と呼ぶのがはばかられるような気品ある姿です。

ジャガイモの自然な旨味を活かした味わいで、そこにほんのりと抹茶が香り、若干の苦味がアクセントとなって、これは大人のポテトサラダですね。添えられたソースもその品位を傷つけない絶妙さで、場末の大衆酒場で中濃ソースなんかをぶっかけて食べるポテサラとは別の食べ物! いや、どっちも好きなんですが。

そして今日、これを飲みに来たと言っても過言ではないのが、

f:id:Meshi2_Writer:20160114065007j:plain1899抹茶ビール(720円)

ビールにも抹茶! かなり濃厚な抹茶色ですね。

f:id:Meshi2_Writer:20160114065026j:plain

泡にも抹茶感

これ、飲んだことのあるって方から「あれはうまいっすよ」なんて聞いていたので、ものすごく楽しみにしてたんですよね。それではと一口。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy